【連載】白戸満喜子の料紙観察の手控〈メモ〉

このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

909658-41-8_連載bn.jpg

白戸満喜子『書誌学入門ノベル! 書医あづさの手控〈クロニクル〉
の刊行を記念して、エッセイを隔週で配信します。

本書の登場人物は〈人〉だけではなく、個性豊かな〈書物〉、
そして書物を構成している〈紙〉であるともいえます。

この連載では、本書では紹介しきれなかった、
紙に関する情報や隠しネタ、裏設定などを、
著者が紹介していきます!

●本書の詳細はこちらをクリック
9784909658418.jpg

ISBN978-4-909658-41-8 C0000
四六判・並製・280頁
定価:本体1,800円(税別)
利用対象:中学生から一般まで

目次 ....................................

其の一 見えない原料(1/8公開)
其の二 紙は白い(1/22公開)
其の三 光沢のある手触りが良い紙(2/5公開予定)
其の四 大量生産される紙(2/19公開予定)
其の五 漉き方で異なる紙質(3/5公開予定)
※タイトルは予定です

書いた人 ..............................

白戸満喜子 (しろと・まきこ)

博士(文学)。青森県立弘前高等学校卒業。慶應義塾大学文学部国文学専攻卒業後、法政大学大学院にて日本文学(近世)を専攻。指導教授は松田修。原典・現物にこだわる研究姿勢を継承している。慶應義塾大学の無料公開オンライン講座FutureLearn「The Art of Washi Paper in Japanese Rare Books(古書から読み解く日本の文化、和本を彩る紙の世界)」で講師を勤める。著書に『紙が語る幕末出版史 『開版指針』から解き明かす』(文学通信、2018年)。