学会賞等受賞情報アーカイブ

  1. 人工知能学会 2021年度論文賞に、稲本万里子・加藤拓也・小長谷明彦「深層学習による「幻の源氏物語絵巻」の流派推定に関する考察―AI技術による「絵師の流派」概念の再構築―」
  2. 第13回表象文化論学会賞が決定
  3. 第39回上代文学会賞に、葛西太一氏『日本書紀段階編集論 文体・注記・語法からみた多様性と多層性』(2021年2月、花鳥社)
  4. 第43回 日本出版学会賞(2021年度)に、【奨励賞】的場かおり 『プレスの自由と検閲・政治・ジェンダー――近代ドイツ・ザクセンにおける出版法制の展開』(大阪大学出版会)、中村督『言論と経営――戦後フランス社会における「知識人の雑誌」』(名古屋大学出版会)【特別賞】東京都古書籍商業協同組合編『東京古書組合百年史』【特別賞】大宅壮一文庫(大宅壮一文庫のこれまでの出版研究への貢献に対して)https://www.shuppan.jp/materials
  5. 第54回2022年(令和4年)河竹賞、河竹賞奨励賞に、岡田蕗子『岸田理生の劇世界』(大阪大学出版会)、須川渡『戦後日本のコミュニテイ・シアター 特別でない「私たち」の演劇』(春風社)
  6. 第31回柿衞賞に金子はな氏!(柿衞文庫)【『惟然・支考の「軽み」―芭蕉俳諧の受容と展開―』(武蔵野書院、2021年11月17日刊行)】
  7. 説話・伝承学会の第一回 説話・伝承学会賞に中前正志氏『寺院内外伝承差の原理―縁起通史の試みから―』法蔵館、第一回 説話・伝承学会奨励賞に、間枝遼太郎氏、児島啓祐氏
  8. 第18回涙骨賞決まる 論文賞に大谷由香氏 実践部門休止(中外日報)
  9. NLP2022 言語資源賞に、『日本語日常会話コーパス』の設計と特徴【小磯花絵, 天谷晴香, 石本祐一, 居關友里子, 臼田泰如, 柏野和佳子, 川端良子, 田中弥生 (国語研), 伝康晴 (千葉大), 西川賢哉, 渡邊友香 (国語研)】、JGLUE: 日本語言語理解ベンチマーク【栗原健太郎, 河原大輔 (早大), 柴田知秀 (ヤフー)】
  10. 日本語用論学会第24回大会 大会発表賞に、平尾恵美氏(舞鶴工業高等専門学校講師)