地方史研究協議会編『日本の歴史を突き詰める おおさかの歴史』(文学通信)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

11月下旬の刊行予定です。

9784909658920.jpg

地方史研究協議会編
『日本の歴史を突き詰める おおさかの歴史』(文学通信)
地方史はおもしろい05
ISBN978-4-909658-92-0 C0221
新書判・並製・272頁
定価:本体1,500円(税別)

現代社会のその先を作るために。日本の歩みを記憶として地域から残し伝え考えるための本。日本史ファン、研究者必携のシリーズ5冊目。

本書は「おおさか」を取り上げる。あえてひらがなで表わすのは、地域概念としての「おおさか」への関心は全国的であり、時間的な広がりを持つことによる。その概念はまた、全国的であるがゆえにデフォルメされた情報も少なからず含まれいる。なので全国に大きな影響を与え続けてきた、例えば古代における難波宮、豊臣氏の大坂城、あるいは各時代を通じて発展を示した文化・学問といったような大きなテーマは本書ではあえて取り上げていない。

取り上げるのは、執筆者が持ち寄った地域に残された史料である。その史料を検討し、そこから見通される歴史認識を再構築していくのが本書の「おおさか史」である。地方史の研究者は、身近に残る資料を手がかりに、どれほど思考を重ね、ときには悪戦苦闘を重ねているものか。刺激に満ちた推理過程は、歴史を理解するとはどういうことか、「おおさか」の歴史を真に知りたいと願う人に、楽しく、間違いのない導きの糸となっていること請け合いです。

第1部「飽くなき追究! 新しい歴史学の可能性と方法を求めて」では、歴史学のあり方あるいは課題設定の可能性を問おうとする。第2部「史資料が語る! おおさかの町と人」では、都市のコアな部分に関する解明を試みます。第3部「水と街道を注視する! 変化するものと変化しないもの」は、街道・用悪水施設・交通手段・治水といった社会生活及び生産に直結するインフラのありように注目する。第4部「史資料との格闘! 都市大阪周辺地域の史実」は、論にする際に視点の確保に苦心し、困難を克服しようとする、歴史学の面白さを伝えるものを提示します。

執筆は、小田康徳、長尾 武、室田卓雄、小田直寿、馬部隆弘、俵 和馬、岡本 健、野高宏之、飯田直樹、堀田暁生、奥田裕樹、石原佳子、前田豊邦、岸本直文、曽我部愛、高橋伸拓、片山早紀、藤村尚也、十河良和、西川哲矢、田中万里子、山田裕美の22名。

【本書の諸論考を読んで、「おおさか」地方史は、地道な史料調査と壷を心得た課題の設定、そして合理的考察の積み重ねの上にはじめて生きた歴史知識となるのだと、つくづく思う。おそらく、このような趣旨で編集される「おおさか」地方史は、これがはじめての試みだろう。「おおさか」の歴史を真に知りたいと願う市民諸氏や、その学問に志す学生の皆さんにとって、本書が楽しく、また間違いのない導きの糸となっていることを切に願うものである。】...はじめにより





PayPalでお支払い(各種クレジットカード対応)
入金を確認次第、すぐに発送(送料無料)。
案内をメールでお送りいたします。




b1.jpg

b3.gif

b4.gif


【編者】
地方史研究協議会

地方史研究協議会は、各地の地方史研究者および研究団体相互間の連絡を密にし、日本史研究の基礎である地方史研究を推進することを目的とした学会です。1950年に発足し、現在会員数は1,400名余、会長・監事・評議員・委員・常任委員をもって委員会を構成し、会を運営しています。発足当初から、毎年一回、全国各地の研究会・研究者と密接な連絡のもとに大会を開催しています。また、1951年3月、会誌『地方史研究』第1号を発行し、現在も着実に刊行を続けています(年6冊、隔月刊)。

◆入会を希望される方は、事務局宛に下記URL内のフォーム、または郵送・FAXでお申込ができます。おって会費の振込用紙を送付いたします。
◆『地方史研究』の購読は、HPよりお申し込みください。

〒111-0032
東京都台東区浅草5-33-1-2F 
地方史研究協議会事務局
FAX 03-6802-4129
URL:http://chihoshi.jp/


【目次】

シリーズ刊行にあたって(地方史研究協議会 会長 久保田昌希)

はじめに(小田康徳)

第1部 飽くなき追究!――新しい歴史学の可能性と方法を求めて

採石ルートを辿り見えてくるもの
1 飯盛山南尾根・野崎での徳川大坂城の採石―キリシタン大名京極丹後守の遺跡と伝承(長尾 武)
1 はじめに/2 野崎・専應寺に現存する京極丹後守寄進の石垣、刻印石/3 クロマ山頂付近に見られる京極丹後守の石切場跡/4 寺川西谷の残石、石切場跡/5 クロマ山石切場への最短距離に位置する寶塔神社/6 民話が語る「狸のトメやん石碑」/7 おわりに

廃道に眠る歴史を掘り起こす
2 道供養碑はなぜ建てられたのか―大阪・池田に残る石造文化財(室田卓雄)
1 はじめに/2 ぎっしりと刻まれた戒名/3 周辺の石造文化財/4 大坂と京都を結ぶ重要な街道/5 おわりに

歴史学は人々の感性に迫れるか
3 大阪的美的感性の探求―暁鐘成『摂津名所図会大成』難波橋の鑑賞(小田直寿)
1 はじめに/2 難波橋界隈の景観/3 風光を読み解く/4 難波橋の風光へ/5 結びにかえて

考古学とは異なる遺構の見方
4 淀川沿いに造られた軍事施設をめぐる謎―文献史学的遺構論からみた楠葉台場(馬部隆弘)
1 はじめに/2 構想が浮上する過程/3 設計・施工の過程/4 警衛の体制/5 鳥羽・伏見の合戦/6 おわりに

つながりあう環境・信仰・生活
5 霊場・生駒山地の産業と民俗―山地西麓に暮らす人々の営み(俵 和馬)
1 〝神さぶる〟生活の山/2 生駒山を取り巻く種々の環境/3 生駒山地の園芸農業︱花卉栽培、ブドウ生産︱/4 生駒山地の工業・製造業︱水車工業・製氷業︱/5 生駒山という「民俗系」

第2部 史資料が語る!――おおさかの町と人

瓦に読む都市と職人
6 出土瓦からみた戦国期の瓦生産―天王寺瓦工を中心に(岡本 健)
1 はじめに/2 各地域の様相/3 戦国期における瓦生産の特徴/4 おわりに

なぜ彼らを同伴させたのか
7 髪結いたちの意外な役割―道修町近所講の寄合と町髪結(野高宏之)
1 はじめに/2 近所講の結成/3 町と祝儀・勧進/4 浜社会/5 町髪結と町/6 近所講と町髪結/7 おわりに

近代の成立と町の解体
8 水帳が公文書になるとき―帳切・三新法・捨て子(飯田直樹)
1 水帳とは/2 公文書となった水帳/3 いつ公文書になったのか/4 町解体後の捨て子養育の行方/5 おわりに

日本と欧文文献をつきあわせる
9 外国人居留地に住んでいたのは誰か―川口居留地の区画と居住者たち(堀田暁生)
1 はじめに/2 最初の住人/3 明治一六年の清田報告とジャパン・ディレクトリーとの比較/4 商人・商会/5 宣教団体と宣教師/6 その他の宣教師・宣教医たちとお雇い外国人/7 終わりに

戦没者たちの葬儀を復元する
10 日本最古の陸軍墓地と日露戦争戦死者葬儀―真田山陸軍墓地・彰忠会・町葬(奥田裕樹)
1 はじめに/2 「彰忠会」の設立と寄付金集め/3 「彰忠会」執行町葬の概要/4 石津完造陸軍歩兵中尉の町葬/5 谷道太郎陸軍歩兵中尉の町葬/6 真田山陸軍墓地への埋葬/7 日露戦争の終結と「彰忠会」/8 おわりに

震災を生きのびた史料
11 「人」と地域の物語―五代友厚の娘「久子日記」から(石原佳子)
1 はじめに/2 母と娘、中之島に育つ《五代豊子と杉村正一郎》/3 父子二代、杉村正太郎と五代友厚/4 始まりは明治四十四年九月二十九日/5 北の大火と五代家転宅/6 明治四十五年七月十七日、市電焼跡線をめぐる辞任/7 大正二年四月二十日、中之島を歩く/8 終りに 「日記」という存在

第3部 水と街道を注視する!――変化するものと変化しないもの

何が変わり、何が変わらなかったのか
12 古代から近代まで続く北摂諸街道の変遷―長尾道と亀岡街道(前田豊邦)
1 はじめに/2 長尾道/3 長尾道の現状/4 関明神越道/5 能勢街道/6 妙見信仰の参詣道/7 参詣道に沿った茶店跡/8 結び

地域史の基層を掘り起こす
13 水利環境からみた和泉の地域開発―井堰・溜池・用水路(岸本直文)
1 はじめに/2 和泉市池田谷南岸の水利/3 和泉市池田谷北岸の水利/4 信太地域の水利/5 条里地割の施工時期と郷域/6 おわりに

地域の発展をもたらした起爆剤
14 中世淀川を行き交った人とモノ―寺社参詣がもたらした「大阪」の発展(曽我部愛)
1 都と瀬戸内海を結ぶ水上交通の大動脈/2 行き交う人とモノ/3 寺社参詣ブームの到来/4 後鳥羽院の熊野御幸/5 院・貴族たちの「大阪」への注目がもたらした発展

困った旅人をいかに助けるか
15 山崎通における旅行難民者救済システム―庶民の通行の実態を探る(高橋伸拓)
1 はじめに︱どのようにして庶民の通行を捉えるか/2 山崎通における旅行難民者救済システム/3 救済システムをめぐる山崎通沿道村々の訴願/4 おわりに

その土地は誰のものなのか
16 「喧嘩島」の所有権をめぐる争い―淀川流域の付洲開発(片山早紀)
1 洲は誰のものか/2 洲の開発をめぐる争論/3 洲の流失・復活と引き継がれる権益

明治期の河川法に基づいた最初の工事
17 淀川改良工事と土地収用―買収され、移転を迫られた側から考える(藤村尚也)
1 はじめに/2 淀川および淀川改良工事とは/3 買収価格の"受け入れ"/4 淀川改良工事における土地収用と河川法/5 さいごに

第4部 史資料との格闘!――都市大阪周辺地域の史実

出土した埴輪片に向き合い続ける
18 運ばれなかった埴輪からわかること―日置荘西町窯跡群と河内大塚山古墳(十河良和)
1 はじめに/2 埴輪を焼いていた窯の発見/3 出土した埴輪の特徴/4 作った人々の出自/5 供給先はどこか/6 河内大塚山古墳/7 安閑天皇と辛亥の変/8 おわりに―近年の研究動向から―

近世の紛争解決人
19 水をめぐる村々の争いと扱人―「鎌田水論一件日記」から読み解く(西川哲矢)
1 近世の村の紛争解決/2 事の発端〜訴訟までの経緯/3 出訴、大坂町奉行所での審理/4 訴訟上の内済、扱人の介入/5 内済の終了と扱人/6 まとめ

近世を代表する庶民史料は何を語るか
20 神社普請と氏地の人びと―摂州豊島郡池田村『伊居太神社日記』を読む(田中万里子)
1 伊居太神社と『伊居太神社日記』/2 村の神社の普請事業/3 普請の主体と費用の負担者/4 神主河村上総定興/5 日記は語る

史料をジェンダー視点で見直す
21 旧思想打破の岸和田の女性たちが勝ち取ったもの―雨天運動場・公会堂・婦人館建設運動(山田裕美)
1 はじめに/2 城内尋常小学校雨天運動場建設運動/3 岸和田公会堂建設運動/4 女性たちの奮闘/5 婦人館建設運動/6 おわりに

あとがき(栗原健一)
執筆者紹介


【執筆者紹介】

小田康徳(おだ やすのり)
一九四六年生 大阪電気通信大学名誉教授
『軍隊と戦争の記憶―旧大阪真田山陸軍墓地、保存への道』(阿吽社、二〇二二年)など。

長尾 武(ながお たけし)
一九四八年生 郷土史家
「1854年安政南海地震津波、大阪への伝播時間と津波遡上高」(『歴史地震』二三号、二〇〇八年)など。

室田卓雄(むろた たくお)
一九四五年生 池田郷土史学会
「第三章 戦争の時代」(『新修池田市史』第三巻、池田市、二〇〇九年)執筆など。

小田直寿(おだ なおひさ)
一九八五年生 大阪電気通信大学非常勤講師
「明治前期に至る中興系大阪俳壇における気韻と雅興――附・藤田雅笑蔵 蘇室久安『蕉風談』筆写本の翻刻」(『大阪の歴史』第九一号、大阪市史編纂所、二〇二一年三月)

馬部隆弘(ばべ たかひろ)
一九七六年生 大阪大谷大学文学部
『戦国期細川権力の研究』(吉川弘文館、二〇一八年)など。

俵 和馬(たわら かずま)
一九九一年生 大阪歴史博物館
「嘉永四年の紀年銘を有する京屋唐箕について」(『大阪歴史博物館研究紀要』二〇号、二〇二二年)など。

岡本 健(おかもと たけし)
一九九四年生 大阪歴史博物館
「淡路叶堂城跡(感応寺跡)出土瓦の再考―戦国期天王寺瓦工の特質解明に向けて―」(『大阪歴史博物館研究紀要』第一九号、二〇二一年)など。

野高宏之(のだか ひろゆき)
一九五八年生 奈良県立大学
「『天下の台所』と『大大阪』」(『大阪の歴史』七〇号、二〇〇七年) など。

飯田直樹(いいだ なおき)
一九七一年生 大阪歴史博物館
『近代大阪の福祉構造と展開―方面委員制度と警察社会事業―』(部落問題研究所、二〇二一年)など。

堀田暁生(ほった あきお)
一九四五生 前大阪市史編纂所長
『大阪川口居留地の研究』(西口忠と共編、思文閣出版、一九九五年)など。

奥田裕樹(おくだ ゆうき)
一九八〇年生 特定非営利法人旧真田山陸軍墓地とその保存を考える会
「日露戦争と戦死者慰霊―常陸丸事件の部隊葬を事例に」(原田敬一編『近代日本の軍隊と社会』吉川弘文館、二〇一九年)など。

石原佳子(いしはら よしこ・植木)
一九五四生 元大阪市史料調査会
「スペイン風邪流行と大阪」(『大阪民衆史研究』第七三号、二〇二〇年)など。

前田豊邦(まえだ とよくに)
一九三五年生 元大阪教育大学大学院講師(考古学)
「大阪北部の鉱山〜能勢銅山と多田銀銅山〜」(『郵政考古紀要』六一号 二〇一四年)など。

岸本直文(きしもと なおふみ)
一九六四年生 大阪公立大学
『倭王権と前方後円墳』(塙書房、二〇二〇年)など。

曽我部愛(そがべ めぐみ)
一九七九年生 相愛大学
『中世王家の政治と構造』(同成社、二〇二一年)など。

高橋伸拓(たかはし のぶひろ)
一九八〇年生 茨木市立文化財資料館
「京都代官の旧料・除料支配―課役の検討を中心に―」(『日本歴史』八七五号、二〇二一年)など。

片山早紀(かたやま さき)
一九八二年生 摂津市教育委員会
「近世における堤外地利用の変遷―摂津国神崎川堤外地を対象に―」(『待兼山論叢』第四八号 史学篇、二〇一四年)など。

藤村尚也(ふじむら なおや)
一九五四年生 十八条村・蒲田村郷土史研究会 北中島の歴史を探る会

十河良和(そごう よしかず)
一九六六年生 堺市世界遺産課
「河内」(『古墳出現と展開の地域相』古墳時代の考古学二 一瀬和夫編、同成社、二〇一二年)など。

西川哲矢(にしかわ てつや)
一九八二年生 大阪大学適塾記念センター
西川哲矢編著『河内国交野郡倉治村文書』(交野市教育委員会、二〇一九年)など。

田中万里子(たなか まりこ)
一九五八年生 池田市立歴史民俗資料館
「池田酒―灘に先駆ける銘酒のさと」(『江戸時代人づくり風土記㉗㊾ 大阪の歴史力』会田雄次・大石慎三郎監修、農山漁村文化協会、二〇〇〇年)など

山田裕美(やまだ ひろみ)
一九四七年生 山岡家文書刊行・保存会
「婦人会から地域・地方連合婦人会そして統合へ」(石月静恵・大阪女性史研究会編『女性ネットワークの誕生』ドメス出版、二〇二〇年)。