吉岡 亮『文明論と伝記の近代 明治前半期の歴史と文学』(文学通信)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

2月下旬の刊行予定です。

9784867660317.jpg

吉岡 亮『文明論と伝記の近代 明治前半期の歴史と文学』(文学通信)
ISBN978-4-86766-031-7 C0020
A5判・上製・304頁
定価:本体6,000円(税別)


近代的な伝記の成立過程を初めて明らかにする。
明治前半期、文明論の影響下で近代的な伝記はどのようなプロセスを経て成立することになったのか。同時代における歴史と文学の言説との関連から検討する。

文明史・文明論は、従来の漢文の歴史記述では取りあげることのできなかった事柄を記述することのできる、新しい歴史記述として受容されていくが、本書はそれを歴史記述の対象、方法、人物表象という三点から考察していく。文明論を前提とした人物表象や伝記は、どういう構造を持つものになっていったのか。そして明治期、伝記で新しい人物像はどうつくりあげられていったのか。そこでは歴史と文学の関係性はどう捉えられていたのか。

あらゆる事柄は歴史的に形成されるものであり、様々な要素がせめぎ合いながら展開していくという目論見のもと、明治初年〜10年代の文明史・文明論の受容と展開、明治20年前後の歴史改良論とそれを踏まえた新しい伝記の試み、そして、明治20年代の民友社のテクストから評伝の誕生までを分析する。

俎上にのせ展開していくのは、福沢諭吉『文明論之概略』、ギゾー『ヨーロッパ文明史』、田口卯吉『日本開化小史』、福沢諭吉『学問のすゝめ』、植木枝盛『民権自由論』、小室信介『東洋民権百家伝』、藤田茂吉『文明東漸史』、島田三郎『開国始末 井伊掃部頭直弼伝』、尾崎行雄『経世偉勲』、末広鉄腸『雪中梅』、徳富蘇峰『人物管見』、山路愛山、徳富蘇峰『吉田松陰』、中江兆民『革命前法朗西二世紀事』、『頼山陽及其時代』等。明治期のあらゆる研究者に必読の書。

【本書は、何らかの本質を想定し、それがいかに生まれ、いかに発達していったのかを検討していくという記述のスタイルを採用しない。本書は、あらゆる事柄は歴史的に形成されるものであり、様々な要素がせめぎ合いながら展開していく、その様相をできるだけ具体的に検討していくという記述のスタイルを採用する。】......はじめにより

Amazonで予約受付中
https://amzn.to/3umxiBy





PayPalでお支払い(各種クレジットカード対応)
入金を確認次第、すぐに発送(送料無料)。
案内をメールでお送りいたします。




b1.jpg

b2.jpg

b3.gif

b4.gif


【著者】

吉岡 亮(よしおか・りょう)

1972年生まれ。北海道大学大学院文学研究科博士課程単位取得後退学。博士(文学)。現在、北星学園大学経済学部(共通科目部門)教授。

【目次】

凡例

はじめに―近代的な「伝記」の起源をたどる
一 歴史の漢文からの離脱
二 先行研究と本書の方法論
三 本書の概要と構成

第一部 文明論から改良論へ

第一章 儒教主義・文明論・愛国―明治一〇年代における教育の中の歴史
一 はじめに
二 明治一〇年代における教科としての歴史
三 儒教主義の言説
四 文明論の言説
五 〈徳〉と文明論

第二章 福沢諭吉『文明論之概略』再考―ギゾー『ヨーロッパ文明史』との関連から

一 はじめに
二 文明概念の受容
三 文明化を可能にするもの

第三章 田口卯吉と改良論―文明論から改良論へ
一 はじめに
二 田口卯吉『日本開化小史』
三 社会改良論
四 歴史改良論

第二部 文明論を前提とした人物表象と伝記

第一章 文明社会の義民―明治初年~一〇年代における文明論、国民論、自由民権論の交錯
一 はじめに
二 「平民」のシンボルとしての義民
三 「民権家」としての義民
四 「民権家」と「民情家」
五 小室信介『東洋民権百家伝』
六 義民をめぐる議論の交錯

第二章 島田三郎『開国始末 井伊掃部頭直弼伝』―歴史・伝記・小説
一 はじめに
二 『開国始末』と歴史改良論
三 『開国始末』の実践
四 実伝と小説
五 伝記としての『開国始末』

第三章 明治二〇年前後の歴史と小説―尾崎行雄『経世偉勲』と末広鉄腸『雪中梅』を中心に
一 はじめに
二 『経世偉勲』と小説
三 「ノベル」としての『雪中梅』
四 坪内逍遥の実伝/小説

第三部 評伝の誕生と民友社

第一章 徳富蘇峰『人物管見』論―人物評論と同時代の文学論
一 はじめに
二 同時代評から見た『人物管見』と徳富蘇峰
三 山路愛山「明治文学史」と『人物管見』
四 伝記と小説

第二章 山路愛山における歴史と文学
一 はじめに
二 歴史と文学
三 歴史学への批判
四 文学との関連

第三章 評伝の誕生―徳富蘇峰『吉田松陰』論
一 はじめに
二 『人物管見』再考
三 評伝としての『吉田松陰』
四 人物評論を内在化した個人史
五 『吉田松陰』と中江兆民『革命前法朗西二世紀事』

第四章 方法としての人物評論と頼山陽―明治二〇年代の民友社における歴史と文学
一 はじめに
二 文学上の歴史
三 徳富蘇峰「熱海たより」
四 山路愛山「頼襄を論ず」

おわりに
一 文明論の受容と展開
二 文明論を前提とした人物表象と伝記
三 評伝の誕生と民友社
四 歴史と文学
五 今後の課題

初出一覧
索引