会社概要

ご挨拶

文学通信は、日本語・日本文学の研究書を中心に、人文学書全般を刊行していきます。
出版活動と同様に、webでの活動も積極的に行うことで、
多様な情報をつなげ、多くの「問い」を世に生み出していきたいと思います。
どうぞよろしくお願いいたします。

文学通信編集部
岡田圭介

■設立・代表
名前        株式会社文学通信
代表取締役(社長) 岡田(田口)美佳
資本金       500万円
設立        2018年3月27日

■履歴
2017年12月08日 文学通信のwebサイトオープン、運用開始。最初の記事
2017年12月08日 文学通信のtwitter開始。はじめてのtweet
2017年12月11日 前職の最後のtweet
2017年12月11日 スタジオ・ポット(ポット出版)に間借りして設立準備開始。
2018年03月27日 会社設立 代表取締役(社長) 岡田(田口)美佳。
2018年04月17日 事務所を東京都北区赤羽1-19-7-508に移転。

■住所
〒115-0045 東京都北区赤羽1-19-7-葵ビル508
電話 03-5939-9027
FAX 03-5939-9094
メール info@bungaku-report.com

■交通
JR赤羽駅 北改札(東口)より徒歩5分
地下鉄南北線赤羽岩淵駅より徒歩10分

■営業時間
9:00-17:00(土・日・祝日、年末年始を除く)

■業務内容
単行本の企画・制作・販売。
学会誌の編集・製作、運営補助。
その他、企画・編集・デザイン・取材・原稿・写真撮影・イラスト等。

■地図

■編集部

岡田圭介

略歴
[書いたもの]
クローズアップ(4)学術出版社とインターネット(日本古書通信 72(5), 24-25, 2007-05)
・編集者から見た学界の動向2010(その1)(日本古書通信 76(1), 15, 2011-01)
・編集者から見た学界の動向2010(その2)(日本古書通信 76(2), 11, 2011-02)
・編集者から見た学界の動向2010(その3)(日本古書通信 76(3), 29, 2011-03)
E1320 - 情報発信活動インタビュー(3)笠間書院 kasamashoin ONLINE(カレントアウェアネス-E No.220 2012.08.09)
・学会を「編集」することと、出版社と(日本近代文学,97,2017-11-01)
[研究員]
国際日本文化研究センター「投企する古典性 視覚/大衆/現代」共同研究員(2016〜2018年)
http://research.nichibun.ac.jp/ja/coop/archives/s562/index.html
[講師等]
・版元ドットコム勉強会・テーマ「図書館にはどうやって営業すればいいの?」[会場:会議室・内海/45名参加](2012年11月22日)
・東洋大学「出版社を知るための文学部講座」内、「本の企画書作成ワークショップ」「出版社実地研修」【2限】(2014年10月25日、11月13日)
・皇學館大学 近代文学講義「出版社の社会的役割」【岡野裕行先生の授業にて・1限】(2015年12月11日)
[装丁]
名義・恩田麒麟[2004以前]/笠間書院装丁室[2005-2011.12/2011.12-2017.12]
[デザイン]
第18回読売出版広告賞特別賞受賞(サンヤツ広告)(2014)
TAU設計工房パンフレット[2006-2007?]、他。ポスター、パンフレット等も制作。