嵯峨嵐山文華館 企画展「いまもむかしも 胸きゅん!嵐山」(2018年11月01日(木)〜2019年01月27日(日)※展示替を行います)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr

展示情報です。

●公式サイトはこちら
http://www.samac.jp/exhibition/detail.php?id=1

--------------------

いまもむかしも 胸きゅん!嵐山
2018年11月01日(木) - 2019年01月27日(日)
嵯峨嵐山文華館のリニューアルオープンを記念して、嵯峨嵐山に関する絵画を一挙公開!
今も昔も、貴族も文化人も庶民も、嵐山を愛していたことがよくわかる、楽しい展覧会です。様々な画家の目を通して、嵯峨嵐山の魅力を再発見してみませんか?

展覧会の概要
 京都市西部に位置する嵯峨嵐山は、国内外から多くの人が訪れる日本屈指の観光名所です。渡月橋から望む情景、竹林の小道、鵜飼いの灯火など、豊かな自然と伝統が今日まで守り・継承されてきました。
 本展覧会では初公開となる江戸時代後期の画家・矢野夜潮(1782-1828)の「高雄秋景・嵐山春景図屏風」、俳諧師としても著名な与謝蕪村(1716-84)の「いかだしの」(自画賛)、嵯峨嵐山にアトリエを構えた近代の巨匠・竹内栖鳳(1864-1942)や冨田渓仙(1879-1936)らの作品をご紹介します。あなたの胸きゅん!作品を探しに嵯峨嵐山文華館に足を運んでみませんか?

展覧会情報
会期 Ⅰ 2018年11月 1日(木)- 2018年12月10日(月)
Ⅱ 2018年12月12日(火)- 2019年 1月27日(日)
※展示替を行います
開館時間 10:00 - 17:00 (入館は16:30まで)
休館日 火曜日 (祝日の場合は翌日)
観覧料 一般・大学生 900円 (800円)
高校生    500円 (400円)
小中学生   300円 (250円)
※( )内は20名以上の団体料金です
※身障者手帳をお持ちの方は介添人1名まで500円(団体 400円)
※幼児無料
※常設展もご覧頂けます
主催 公益財団法人小倉百人一首文化財団
後援 京都府、京都市教育委員会、嵐山保勝会