歴史的音源約300点を新たにインターネットで公開(国立国会図書館)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr

【国立国会図書館は12月21日(木)に、歴史的音源(れきおん)で提供する音源のうち、著作権・著作隣接権の保護期間満了を確認した約300点を、新たにインターネット公開しました。

音源例

『ジョスランの子守唄』...藤原歌劇団創設者であるテノール歌手・藤原義江の録音(伴奏はミラノ・スカラ座管弦楽団)
『ピアノ独奏: ラ・カムパネラ』...大正15年にデビューし、「天才少女」と謳われたピアニスト・井上園子による演奏
『さくら変奏曲』...箏曲家・宮城道雄による伝統歌曲「さくら」の変奏曲。宮城自身の演奏
『第七十九回帝國議曾 東鄕外務大臣外交方針演説』...太平洋戦争開戦時と終戦時の外相であった東郷茂徳による演説
『精神教育資料 山本元帥の戰死を悼み日本國民各位に告ぐ』...評論家の徳富蘇峰による講演】
つづきはこちらから。国立国会図書館。
http://www.ndl.go.jp/jp/news/fy2017/171221_01.html