明星大学日本文化学科 国際シンポジウム「写本がひらく江戸へのトビラ」(2018年1月8日(月・祝)14時00分から17時30分、明星大学日野校 28号館204教室アカデミーホール、予約不要、入場無料)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr

研究会情報です。

●公式サイトはこちら
https://www.meisei-u.ac.jp/2017/2017120801.html

--------------------

「写本がひらく江戸へのトビラ」詳細
【日時】
2018年1月8日(月・祝)14時00分から17時30分
【場所】
明星大学日野校 28号館204教室アカデミーホール

【内容】
●第1部 小説がひらくトビラ
【発表者】
勝又 基(明星大学 教授)「都市文化としての写本怪談」
菊池庸介(福岡教育大学 教授)「写本文化と近世実録」
ディラン・ミギー(名古屋大学 准教授)「貸本屋と写本」

●第2部 新データベースがひらくトビラ
【発表者】
山本和明(国文学研究資料館 古典籍共同研究事業センター 副センター長)「新古典籍DBに乗りかえる時が来た!」
【ディスカッサント(討論者)】
アンドレ・リネペ(法政大学 非常勤講師)

問い合わせ先
明星大学人文学部日本文化学科
勝又 基 motoi@lc.meisei-u.ac.jp