刊行図書一覧

●2019.2月刊行予定
文学通信
ビュールク・トーヴェ『二代目市川團十郎の日記にみる享保期江戸歌舞伎』
ISBN978-4-909658-09-8 C0095
A5判・上製・カバー装・272頁・カラー口絵4頁
定価:本体6,000円(税別)

●2019.3月刊行予定
文学通信
はちこ『中華オタク用語辞典』
ISBN978-4-909658-08-1 C0587
四六判・並製・192頁(予定)
定価:本体1,800円(税別)

●2019.1月刊行予定
文学通信
海津一朗『新 神風と悪党の世紀 神国日本の舞台裏』
日本史史料研究会ブックス002
ISBN978-4-909658-07-4 C0221
新書判・並製・256頁
定価:本体1,200円(税別)

●2018.12月刊行
文学通信
白戸満喜子
『紙が語る幕末出版史 『開版指針』から解き明かす』
ISBN978-4-909658-05-0 C0095
A5判・上製・カバー装・432頁・カラー口絵4頁
定価:本体9,500円(税別)

●2018.12月刊行
文学通信
染谷智幸・畑中千晶編『全訳 男色大鑑〈武士編〉』
ISBN978-4-909658-03-6 C0095
四六判・並製・192頁 定価:本体1,800円(税別)

●2018.11月刊行
文学通信
西法太郎『三島由紀夫は一〇代をどう生きたか あの結末をもたらしたものへ』
ISBN978-4-909658-02-9 C0095
四六判・上製・358頁
定価:本体3,200円(税別)

●2018.11月刊行
文学通信
西脇 康編著『新徴組の真実にせまる 最後の組士が証言する清河八郎・浪士組・新選組・新徴組』
日本史史料研究会ブックス001
ISBN978-4-909658-06-7 C0221
新書判・並製・306頁
定価:本体1,300円(税別)

●2018.07月刊
文学通信
古田尚行『国語の授業の作り方 はじめての授業マニュアル』
ISBN978-4-909658-01-2 C1037
A5判・並製・320頁 定価:本体2,700円(税別)

●2018.06月刊
文学通信
前田雅之『なぜ古典を勉強するのか 近代を古典で読み解くために』
ISBN978-4-909658-00-5 C0095
四六判・上製・336頁 定価:本体3,200円(税別)