平成29(2017)年度文学・語学賞に池田茉莉乃氏(フェリス女学院大学院生)「「問賜」ふ天宇受売神―『古事記』「天孫降臨」段の誰何の場面をめぐって―」(全国大学国語国文学会)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr

【平成29(2017)年度文学・語学賞
池田茉莉乃氏

(フェリス女学院大学院生)

「「問賜」ふ天宇受売神―『古事記』「天孫降臨」段の誰何の場面をめぐって―」

『文学・語学』221号(平成29年12月)

 全国大学国語国文学会では、年度ごとに『文学・語学』に掲載された若手の投稿論文の中から、最もすぐれたものとみなされる論考に対して、『文学・語学賞』を授与することになっております。

 平成29年度の当該の賞につき218号~221号掲載の若手の研究者の論文が審査対象)につき、文学・語学賞選考委員会(編集委員会)において慎重に審査をいたしました結果、次の論考を受賞対象と決定いたし常任委員会の承認をえて委員会に報告いたしました。授賞式は、平成30年度夏季大会(於二松学舎大学 6月2日・3日)における総会において行われました。】
詳細は以下より。
http://www.nacos.com/kokubun/prize.html#02