全訳『男色大鑑』予告的あらすじ公開!★巻2の4「東の伽羅様」

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr

井原西鶴が1687年に描き出した、詩情あふれる華麗・勇武な男色物語『男色大鑑』を現代に甦えらせるプロジェクトが始動します。
『男色大鑑』の、若衆と念者の「死をも辞さない強い絆」は、作品中、常に焦点となっている三角関係の緊張感とともに、長い間、誠の愛を渇望して止まぬ人々の心を密かに潤し続けてきました。
そんな作品群を、分かりやすい現代語と流麗なイラストによって新たに世に送り出します。

ここでは、そんな『男色大鑑』のあらすじを予告編的に紹介していきます。今回は巻二の四を紹介いたします。

※あらすじの一覧は以下で見ることができます。
http://bungaku-report.com/blog/2018/07/post-235.html

------

■巻二の四

東の伽羅
離れていてもおそばにいます。動かぬ証拠はそのかけら。

 もしも正体不明の何かのかけらが、ある日突然何かのきっかけで正体が判明するのみならず、別のかけらとぴったり一致するような僥倖(ぎょうこう)に恵まれたなら、誰もが「気持ちいい!」と思うだろう。ましてや、そのきっかけが念友の強い心の結びつきだったとしたらロマンティックじゃない?
 本話は、いったん離れ離れになった念友[パートナー]が、香木のかけらがぴったりくっついたのがきっかけで再会を果たす、「気持ちいい!」ロマンティックな物語だ――。
 仙台で薬屋を営む小西の十助の息子十太郎が好んでいた香木の薫りにひかれ、美少年に目がない伴の市九郎が訪れる。その姿に十太郎は一目ぼれしたのだが、「子の心は親知らず」で、十助は「売り物ではない」とすげなく追い返してしまう。
 普通ならこの恋はおしまい。ところが、幸いなことに十太郎は躑躅(つつじ)が岡天神の申し子だったから、神通力でこの苦境を乗り越えてしまう。十助の邪魔立てのせいで、恋煩いから床に臥してしまい、身動きかなわぬ十太郎であったが、市九郎の鼻腔にはっきり刻まれているであろう香木のかけらを不思議な手だてで送り届けるのであった。再会だって、彼の特殊能力があれば何のその。
 「気持ちいい!」結末がどう迎えられるか。本編を括目(かつもく)せよ!


★浜田泰彦(はまだ・ひすひこ)佛教大学准教授。

------

■編集部より

2018年11月に、『男色大鑑』八巻中、前半の武家社会の衆道に取材した作品四巻までを収録した〈武士編〉を刊行し、後半の四巻を〈歌舞伎若衆編〉として、2019年6月に刊行します。

イラストに、あんどうれい、大竹直子、九州男児、こふで、紗久楽さわ、といった豪華な漫画家陣が参加。現代語訳は、若手中心の気鋭の研究者、佐藤智子、杉本紀子、染谷智幸、畑中千晶、濱口順一、浜田泰彦、早川由美、松村美奈。

このプロジェクトが気になった方は、ぜひ以下の特設サイトをご覧下さい。
文学通信

また本書の詳しい紹介はこちらです。ご予約受け付け中です!
●2018.11月刊行予定
文学通信
染谷智幸・畑中千晶編『全訳 男色大鑑〈武士編〉』
ISBN978-4-909658-03-6 C0095
四六判・並製・192頁 定価:本体1,800円(税別)
※ご予約受付中!
amazonはこちら https://www.amazon.co.jp/dp/4909658033/