「國學院雑誌」119巻3号(平成30年3月発行)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr

松尾葦江氏より頂きました。

ISSN0288-2051-201803.jpg

「國學院雑誌」119巻3号(平成30年3月15日発行)
ISSN 0288-2051
A5・並製・88頁


【目次】

六人部是香の言霊論批判(星野 光樹)
「城下町」用語とその概念の変遷(川名 禎)
初級日本語教科書における基本語彙の検討
ーフィンランドで編纂された『JAPANIN KIELI』の名詞を中心にー(本間美奈子)
初級日本語教科書6種の多義語の頻度調査(柳悟聖)

[談話室]南信州・遠山郷の旧木沢小学校
ー猫校長のいる木造校舎(田嶋一)

[書評]
大塚千紗子著
『日本霊異記の罪業と救済の形象』(冨樫進)
[紹介]
松尾葦江編『ともに読む古典 中世文学編』(高山 実佐)