「近代日本の日記文化と自己表象」第19回研究会(2018年12月22日(土)13:00-18:00、明治学院大学白金キャンパス)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr

研究会情報です。

●公式サイトはこちら
http://diaryculture.com/

--------------------

「近代日本の日記文化と自己表象」第19回研究会

【開催日時】
 2018年12月22日(土) 13:00-18:00

【開催場所】
 明治学院大学白金キャンパス(会場調整中)

【研究会次第】
 1. 報告と展望(13:00-14:00)   
 2. 研究発表(14:10-16:20)
   「「遺書で語ること、遺書を語ることーー藤村操「巌頭之感」をめぐるメディア言説の暴力性」」(小泉紀乃・奈良女子大学大学院人間文化研究科博士前期課程)
   「「日満綴方使節と『綴方日本』ーー「満洲国」の子供が<内地>をどう見ていたのか」(魏晨・名古屋大学人文学研究科博士候補研究員)

3. 講演会(16:30-18:00)
   「佐藤冨五郎日記を体験するー『マーシャル、父の戦場』刊行をめぐる歴史実践」(「金曜調査会」メンバー:今井勇・大川史織・岡田林太郎・柏原洋太・斉藤涼子・中野良・番定賢治・福江菜緒子)