全訳『男色大鑑』予告的あらすじ公開!★巻2の3「夢路の月代」

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr

井原西鶴が1687年に描き出した、詩情あふれる華麗・勇武な男色物語『男色大鑑』を現代に甦えらせるプロジェクトが始動します。
『男色大鑑』の、若衆と念者の「死をも辞さない強い絆」は、作品中、常に焦点となっている三角関係の緊張感とともに、長い間、誠の愛を渇望して止まぬ人々の心を密かに潤し続けてきました。
そんな作品群を、分かりやすい現代語と流麗なイラストによって新たに世に送り出します。

ここでは、そんな『男色大鑑』のあらすじを予告編的に紹介していきます。今回は巻二の三を紹介いたします。

※あらすじの一覧は以下で見ることができます。
http://bungaku-report.com/blog/2018/07/post-235.html

------

■巻二の三

夢路の月代
ぬしの唾は恋の味。すくいあげて飲みほし申す。

 男色のありがたい道にいざなう本作品にあって、「古今稀」と評される剣術使いの丸尾勘右衛門(かんえもん)と、「男色の情をよく知る美少年」と評される若武者の多村三之丞(さんのじょう)は、特筆すべき登場人物といえる。いわば至高の男子同士の恋が成就する本話では、そのきっかけもまた並大抵ではなかった。
 三之丞は奈良の岩井川で唾を吐くと、川下にいた勘右衛門がゴクゴクとそれを飲みほすではないか! 年上の武士に失礼を働いたと三之丞、早速わびを入れるが、勘右衛門はあろうことか「せっかくの唾が流れて消えるのは惜しいから飲みほしたのだよ」と答える始末。西鶴は何とファンタスティックな出会いを用意したものか!!
 勘右衛門は情熱的な男色家である。三之丞の口から出た恋の味がする唾を口に大事に含ませつつ、あやしまれぬよう変装までして、三之丞が住む郡山まであとを追うのであった。これほどまでに熱い愛情を示された三之丞がほだされぬ男色家でないことはいうまでもあるまい。
 ところが、西鶴は実に残酷な仕打ちを彼らに与える。再会を前にして、勘右衛門が風邪をこじらせて死んでしまうのである。今度こそ勘右衛門の口から噴き出されるあれを飲めるものと念じていた三之丞の悔しさはいかばかり......。


★浜田泰彦(はまだ・ひすひこ)佛教大学准教授。

------

■編集部より

2018年11月に、『男色大鑑』八巻中、前半の武家社会の衆道に取材した作品四巻までを収録した〈武士編〉を刊行し、後半の四巻を〈歌舞伎若衆編〉として、2019年6月に刊行します。

イラストに、あんどうれい、大竹直子、九州男児、こふで、紗久楽さわ、といった豪華な漫画家陣が参加。現代語訳は、若手中心の気鋭の研究者、佐藤智子、杉本紀子、染谷智幸、畑中千晶、濱口順一、浜田泰彦、早川由美、松村美奈。

このプロジェクトが気になった方は、ぜひ以下の特設サイトをご覧下さい。
文学通信

また本書の詳しい紹介はこちらです。ご予約受け付け中です!
●2018.11月刊行予定
文学通信
染谷智幸・畑中千晶編『全訳 男色大鑑〈武士編〉』
ISBN978-4-909658-03-6 C0095
四六判・並製・192頁 定価:本体1,800円(税別)
※ご予約受付中!
amazonはこちら https://www.amazon.co.jp/dp/4909658033/