文京区立森鴎外記念館 コレクション展「東京・文学・ひとめぐり~鴎外と山手線一周の旅」(2018年 7月 6日 ~ 2018年 9月 30日)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr

研究会情報です。

●公式サイトはこちら
http://moriogai-kinenkan.jp/modules/event/?smode=Daily&action=View&event_id=0000000662&caldate=2018-7-6

--------------------

会期:2018年7月6日(金)~9月30日(日)
※会期中の休館日 8月28日(火)、9月25日(火)
開館時間:10時~18時(最終入館は17時30分)
※7月9・10日(月・火)9月15・16日(土・日)は20時まで開館(最終入館は19時30分)
会場:文京区立森鴎外記念館 展示室2

【東京は、夏目漱石、幸田露伴、国木田独歩など、数多くの文学者が住んだ街です。『こころ』の雑司ヶ谷、『五重塔』の日暮里、『武蔵野』の渋谷など、文学者はそれぞれの視点から、街の風景を作品に遺しました。人生の大半を東京で過ごした鴎外もまた、『雁』『有楽門』などの作品や日記に、東京の風物を記しています。これらの描写の中には、現代の私たちにとって馴染み深い風景もあれば、今とは全く異なる景色もあります。

 本展では、現在東京都心を環状運転する山手線周辺の地域に焦点を当て、ゆかりのある近代の文学作品、文学者や鴎外の足跡を館蔵資料から紹介します。明治大正から賑やかだった上野や新橋、当時は郊外だった新宿や渋谷はどのように描かれたのでしょうか。文学者が描いた風景や風物、名所やそこに集まった人々の様子などを眺めながら、東京をひとめぐりします。
江戸から東京へと改称されて150年の今年、鴎外と共に時代を超えた山手線一周の旅の始まりです。】