府中市美術館・有島武郎『生れ出づる悩み』出版100年記念 青春の苦悩と孤独を歓喜にかえた画家たち:木田金次郎展(2018年7月21日(土曜日)から9月2日(日曜日)まで)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr

展覧会情報です。

●公式サイトはこちら
http://www.city.fuchu.tokyo.jp/art/kikakuten/kikakuitiran/kidakinjiro.html

--------------------

【近代日本を代表する文学者のひとり、有島武郎(1878~1923)の小説『生れ出づる悩み』は、1918年に発表され今年で出版100年を迎えます。そこには、小説家「私」と青年画家「木本」の出会いと交流、そして互いが抱える創作の苦しみが綴られています。

 この小説のモデルとなったのが、北海道の画家・木田金次郎(1893~1962)です。有島と木田は、1910年に札幌で出会い交流を重ねました。そして、有島は木田の姿に触発されて一編の小説をまとめ、一方、木田は有島から薫陶を受けながら絵画の道を進んでいきます。】
続きは上記公式サイトへ。

会期
2018年7月21日(土曜日)から9月2日(日曜日)まで

休館日
月曜日

開館時間
午前10時から午後5時(展示室入場は午後4時30分まで)

観覧料
一般700円(560円)、高校生・大学生350円(280)円、
小学生・中学生150(120)円
注記:( )内は20名以上の団体料金。
注記:未就学児および障害者手帳等をお持ちの方は無料。
注記:府中市内の小中学生は「府中っ子学びのパスポート」提示で無料。
注記:『木田金次郎展』観覧料金で常設展もご覧いただけます。

主催
府中市美術館、有島武郎・木田金次郎プロジェクト実行委員会(ニセコ町・有島記念館、岩内町・木田金次郎美術館)、
巡回企画展「出版100年記念 有島武郎たけお『生れ出づる悩みうまれいづるなやみ』と画家・木田金次郎」実行委員会

協力
有島記念館友の会「土香る会」、平成の「生れ出づる悩み」実行委員会
助成
一般財団法人地域創造

ギャラリートーク

「有島武郎と木田金次郎」
伊藤大介(有島記念館 主任学芸員)、岡部 卓(木田金次郎美術館 学芸員)
7月21日(土曜日)午前11時から
8月5日(日曜日)午後2時から
(いずれも約40分)
当館2階企画展示室(観覧券が必要になります)