日本マンガ学会 2018年度 第1回 著作権部会(2018年5月24日(木曜日)午後6時から9時まで、学士会館 203号室、要申し込み)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr

研究会情報です。

●公式サイトはこちら
http://www.jsscc.net/study-group/cyosaku/2018_1

--------------------

日時  2018年5月24日(木曜日)午後6時から9時まで。
場所  学士会館 203号室(〒101-8459 千代田区神田錦町3-28、電話03-3292-5936。
会費  会場費・資料代として、1000円。
日本マンガ学会員でなくても結構です。どなたでも歓迎します。

講師と演題
吉田大輔「TPPと著作権」―午後6時から6時25分。
円谷英明「最近の中国におけるウルトラマン事情」―午後6時30分から6時55。
佐藤千春「アニメ原画の権利はどこにあるかー現場からアニメーターの待遇改善を訴える」―7時から7時50分。
なお、佐藤千春氏の講演を録音、写真撮影をご遠慮ください。本人の希望です。
ヒロ・マスダ「なぜ、クールジャパン政策の無駄遣いに検証が必要か?―官製映画会社の失敗と海外における映画化権の基礎知識」―8時から8時55分。

講師紹介
吉田大輔氏  文部科学省著作権課長、同高等教育局長、早稲田大学教授を歴任した。
円谷英明氏  円谷英二(1901-1970)の孫。円谷プロ6代目社長を務めた。
佐藤千春氏  アニメーション監督、アニメーター、スタジオZ代表。
ヒロ・マスダ氏 映画プロヂューサー、脚本家、俳優。Ichigo Ichie Films代表。

出席の通知
資料を用意する都合上、出席して下さる方は、下記へ出席と通知してください。
    nmg.copyright.ooie@gmail.com

懇親会
午後9時から午後10時30分まで、館内の「セブンズハウス」(03-3292-5936)で懇親会を開きます。上松盛明会員が、平成29年度文化庁映画賞の功労者部門(特殊造形美術・操演技師)で受賞されたこと及び講師を囲み親睦を図るためです。会費5000円程度。参加希望者は、参加と打ってください。

今回の世話人
・〒100-0014 千代田区永田町2-17-17アイオス永田町717
(株)インタークロス IT法務研究所 客員研究員 大家重夫

会場にて供覧
吉田大輔「全訂版 著作権が明解になる10章」出版ニュース社・2009年・2500円。
吉田大輔「著作権法を考える10の視点」出版ニュース社・2015年・2000円。
円谷英明「ウルトラマンが泣いている」講談社現代新書・2013年・740円。
上松盛明・大家重夫「ウルトラマンと著作権」青山社・2014年・4500円。
以上、税抜き。各3部程度用意しますが、購入希望の方は、知らせてください。