東アジア古典学の方法 第42回「古典学における専門分野や言語環境を超える研究の可能性----上代日本文学研究の現状と未来から」【David Lurie、Torquil Duthie、金沢英之、品田悦一、鉄野昌弘、齋藤希史の各氏】(2018年5月25日(金)15時より、東京大学駒場キャンパス 18号館 コラボレーションルーム1)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr

研究会情報です。

●公式サイトはこちら
http://eacs.c.u-tokyo.ac.jp/ja/events/2018/268/

--------------------

日時 2018年5月25日(金)15時より
会場 東京大学駒場キャンパス 18号館 コラボレーションルーム1
講師 David Lurie先生 (Columbia University) Torquil Duthie先生 (UCLA)  

【講演者】

David Lurie先生 (Columbia University)
問題提起:「記紀の解読と比較神話学との乖離」

Torquil Duthie先生 (UCLA)
問題提起:「『万葉集』における作者」

【コメンテーター】

金沢英之(北海道大学)、品田悦一(東京大学)、鉄野昌弘(東京大学)

【司会】

齋藤希史(東京大学)