日本近代文学会・2018年度6月例会〔特集〕虚構の〈国家〉――現代文学の闘争と批評性(2018年6月23日(土)午後2時より、中央大学多摩キャンパス 3号館文学部総合棟 3114教室)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr

研究会情報です。

●公式サイトはこちら
http://amjls.web.fc2.com/gakkai.html#2018-06

--------------------

日時: 2018年6月23日(土)午後2時より
場所: 中央大学多摩キャンパス 3号館文学部総合棟 3114教室
■多摩都市モノレール「中央大学・明星大学」駅下車徒歩0分

〔特集〕虚構の〈国家〉――現代文学の闘争と批評性
坂 堅太   安部公房『榎本武揚』と「明治ブーム」
村上 陽子   「Qムラ」という空間――崎山多美『うんじゅが、ナサキ』をめぐって
中川 成美   国家は誰のものか――災禍のなかの文学的想像力
《講演》
小野 正嗣   題目未定