名古屋・徳川美術館「明治150年記念華ひらく皇室文化―明治宮廷を彩る技と美―」(2018年4月17日 (火) ~ 2018年5月27日 (日))

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr

展示会情報です。

●公式サイトはこちら
http://www.tokugawa-art-museum.jp/exhibits/planned/2018/0417/

--------------------

【平成30年は明治維新から150年にあたる記念すべき年にあたり、明治期の宮廷文化にスポットを当てた展覧会を行います。明治政府と皇室は、欧米諸国との融和をはかるため、美をこらした鹿鳴館において、各国の使節をもてなすとともに、日本独自の芸術品を広く海外に紹介しました。こうした動きは日本の国際的地位を高める一方で、江戸時代から続く美術・工芸の保護育成に大きな役割を果たしました。本展では、華やかな明治期の宮廷を彩った調度品や染織品、明治の帝室技芸員の書画・工芸品を一堂に集め、日本の美と技の粋を堪能する機会とします。】

会期 2018年4月17日 (火) ~ 2018年5月27日 (日)
開館時間 午前10時~午後5時(入館は午後4時30分まで)
休館日 月曜日(ただし4/30は開館、5/1は臨時開館)
観覧料
一般 1,400円・高大生 700円・小中生 500円
※20名様以上の団体は一般200円、その他100円割引
※毎週土曜日は小・中・高生入館無料
主催 徳川美術館・名古屋市蓬左文庫