上智大学国文学会 平成30年度冬季大会(2019年1月12日(土)13:30〜、上智大学 7号館14階特別会議室)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr

研究会情報です。

●公式サイトはこちら
https://sophia-kokubun.jp/?p=537&preview=true

--------------------

発表要旨はこちらです。

日時
2019年1月12日(土)13:30〜

会場
上智大学 7号館14階特別会議室

研究発表(13:30〜)

「芥川龍之介「玄鶴山房」論―「看護婦」「ゴム印」の同時代表象をめぐって―」
上智大学大学院国文学専攻博士後期課程  木村 素子

「〈夢〉を視る《神経》―谷崎潤一郎「柳湯の事件」をめぐる考察」
上智大学大学院国文学専攻博士後期課程  村山  麗

シンポジウム(15:15〜)
古典学と仏教学

パネリスト

「中世曹洞禅宗における伝説の秘伝化―「片岡山飢人説話」を中心に」
サンヴィド マルタ(国際交流基金PhDフェロー・駒澤大学禅研究所研究員・ヴェネチア大学博士課程後期)

「和歌文学と仏教ー関係性の諸相ー」
山本 章博(大正大学准教授)

「アジア諸国の恋愛文学と仏教の関係」
石井 公成(駒澤大学教授)

趣旨説明及び上代の状況
瀬間 正之(上智大学文学部教授)

懇親会(18:00〜)
上智大学 2号館5階教職員食堂

会費 4000円

卒業生の方の御参加を歓迎します。