芭蕉会議・◆論文を読む会 市川千年氏「寺田寅彦と連句」(平成30年11月10日(土)、14時30分~17時、東洋大学白山校舎6号館 谷地教授研究室)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr

研究会情報です。

●公式サイトはこちら
http://www.basho.jp/notice.html

--------------------

◆ 発表テーマ 寺田寅彦と連句
◆ 発表者 市川千年
◆ 日 時 平成30年11月10日(土)、14時30分~17時
◆ 場 所 東洋大学白山校舎6号館 谷地教授研究室
◆ 発表概要 寺田寅彦と松根東洋城の巻いた最初の両吟歌仙「水団扇の巻」を読みつつ、寺田寅彦の俳諧(連句)認識を紹介したいと思います。寺田の連句論、寺田寅彦(作家)論、寺田の巻いた連句(作品)評釈の三本柱のなかで連句評釈(連句をどう鑑賞するか)にあえて軸足を置いて皆さまと議論を深めたいと思います。発表半分、衆議半分といった感じになれば有難いです。音楽や物理学の得意な方歓迎です!?
◆ その他 終了後周辺の店で軽い懇親会を行います。