異類の会:アンダソヴァ・マラル氏「カザフスタンにおける鬼」(第85回例会)【異類の会初の中央アジアのお話です。来聴歓迎】(2018年10月13日(土)14時~、武蔵大学3号館2階 院生GSルーム)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr

研究会情報です。

●公式サイトはこちら
http://irui.zoku-sei.com/予告/カザフスタンにおける鬼(第85回例会)

--------------------

日時:10月13日(土)14時~
会場:武蔵大学3号館2階 院生GSルーム
※最寄り駅:西武池袋線江古田駅
https://www.musashigakuen.jp/access.html


発表者:アンダソヴァ・マラル氏
タイトル:カザフスタンにおける鬼
要旨:
中央アジアは古くから様々な宗教や信仰が流れていき、交差するところであった。シャーマニズム、ゾロアスター教、仏教、イスラム教やキリスト教などである。鬼に対する観念も、多様な宗教的世界観が交わった結果成立しており、各々の語り手によって伝えられてきている。
本発表では、カザフスタンの鬼に注目することによって、中央アジアの宗教世界の一端を考察する。

※異類の会初の中央アジアのお話です。来聴歓迎。