立教大学 新派百三十年記念シンポジウム「新派再考」(2018年10月7日(日)13:00-17:00(開場12:30)、立教大学池袋キャンパス太刀川記念館3階カンファレンスルーム)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr

研究会情報です。

●公式サイトはこちら
http://rikkyonichibun.blog96.fc2.com/blog-entry-269.html

--------------------

日時 2018年10月7日(日) 13:00-17:00(開場12:30)
会場 立教大学池袋キャンパス太刀川記念館3階カンファレンスルーム

プログラム
13:00 開会挨拶
13:05 趣旨説明
13:10 「新派の領分と風俗──メロドラマ・社会劇・探偵劇」神山 彰(明治大学文学部教授)
14:00 「関西新派の多様性──静間小次郎という現象」後藤隆基(立教大学兼任講師・社会学部特定課題研究員)
14:25 「新派と歌舞伎のあいだ──五世中村芝翫の家庭小説劇」金子昭雄(立教大学文学部教授)

14:50-15:10 休憩

15:10 座談会「新派130年とその未来」
    喜多村緑郎(新派役者)
    河合雪之丞(新派役者)
    齋藤雅文(劇作家・演出家)
    神山 彰〔司会〕
16:55 閉会挨拶  

主催 立教大学文学部文学科日本文学専修
共催 立教大学江戸川乱歩記念大衆文化研究センター、立教大学日本文学会、科研費若手研究「明治期京阪文化人ネットワークと同時代演劇の交流をめぐる総合的研究」(JP18K12235)

対象 学生、教職員、一般
申し込み 不要

【お問い合わせ】
立教大学学部事務1課(03-3985-2500)