浜松市立中央図書館・中川美和氏講演会「日本語音韻史と表記―濁音と濁点―」≪紀貫之には見えていたか、「濁点」のある日本語の姿が。≫(平成30年11月3日(土)午後2時〜4時 、浜松市立中央図書館 2階大会議室、要申し込み)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr

講演会情報です。


--------------------

※要申し込みです。

【かつて日本語表記には「 ゛」(濁点)が存在しませんでした。しかし、音声としての「濁音」は、古代の日本語にもきっとあったはずです。本公演会では、日本語独自の表記方法である濁点が成立した歴史を紐解き、日本語のおもしろさに迫ります。】

【演題】「日本語音韻史と表記―濁音と濁点―」
    〜紀貫之には見えていたか、「濁点」のある日本語の姿が。〜
【日時】平成30年11月3日(土)午後2時〜4時
【場所】浜松市立中央図書館 2階大会議室
http://www.lib-city-hamamatsu.jp/access/chuo.htm
【定員】100人(先着順)
【講師】中川 美和 さん(金城学院大学 文学部 日本語日本文化学科 准教授)
【申込】9月15日(土)午前9時から
直接または電話で中央図書館 (電話:053-456-0234)へ
*9月21日(金)〜30日(日)は臨時休館しますが、電話は受け付けます。
【主催】浜松市立中央図書館・浜松読書文化協力会

nakagawa20181103.jpg