第31回 「統語・意味解析コーパス (NPCMJ) チュートリアル」(平成30年10月15日 (月) 10:00~17:20、リファレンス駅東ビル 福岡市博多区、要参加申し込み)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr

研究会情報です。

●公式サイトはこちら
https://www.ninjal.ac.jp/event/specialists/tutorial/ninjal-t031/

--------------------

※要参加申し込み。詳しくは上記サイトへ。

【現代日本語統語・意味解析情報付きコーパス NINJAL Parsed Corpus of Modern Japanese (NPCMJ) は,日本語について初めての精緻な統語解析情報をタグ付けしたコーパスであり,日本語研究のために様々な利用法が考えられる。NPCMJ を日本語の文法研究に利用してもらうことを目的として,アノテーションとデータの概要,および検索用インタフェースの利用法に関する講座を開催する。】

日時

平成30年10月15日 (月) 10:00~17:20

会場

リファレンス駅東ビル
福岡市博多区博多駅東1丁目16-14

プログラム

10:00~11:00
NPCMJ コーパスの理念と概要 (プラシャント・パルデシ,吉本 啓)
11:10~12:10
データの概要 (長崎 郁)
13:00~14:00
初心者向けインタフェースについて (鈴木 彩香)
14:10~15:40
アノテーションと文字列検索 (長崎 郁)
15:50~17:20
ツリー構造と TGrep-lite およびローカル環境での利用法 (スティーブン・ライト・ホーン)

講師

プラシャント・パルデシ 国立国語研究所 教授 (理論・対照研究領域)
神戸大学等を経て,2009年より現職。専門は対照言語学,日本語文法,マラーティー語文法,および,コーパス言語学。主な著書は,『日本語・マラーティー語基本動詞辞典』 (共著,神戸大学文学部),『A Functional Account of Marathi's Voice Phenomena: Passives and Causatives in Marathi』 (Brill, 2016) 等
吉本 啓 東北大学 教授 / 国立国語研究所 客員教員 (理論・対照研究領域)
NTT 基礎研究所,シュトゥットガルト大学等を経て,1996年より現職。専門は形式文法,日本語文法,およびコーパス言語学。NPCMJ 構築に取り組む。主な著書は,『Tense and Aspect in Japanese and English』 (Peter Lang, 1998),『現代意味論入門』 (共著,くろしお出版,2016) 等

アシスタント

スティーブン・ライト・ホーン 国立国語研究所 プロジェクト非常勤研究員 (理論・対照研究領域)
専門は歴史言語学,形式意味論,日本語文法。NPCMJ および Oxford-NINJAL Corpus of Old Japanese (ONCOJ) 構築に取り組む。
長崎 郁 国立国語研究所 プロジェクト非常勤研究員 (理論・対照研究領域)
専門は記述言語学,ユカギール語を中心としたシベリア諸言語の文法研究。NPCMJ構築に取り組む。
鈴木 彩香 国立国語研究所 プロジェクトPDフェロー (理論・対照研究領域)
専門は日本語文法。NPCMJ構築に取り組む。