シンポジウム 「文字情報データベースの保存と継承」【第2部 漢字字体規範史データセット保存会設立総会】(平成30年7月21日 (土) 13:00~17:45、京都大学 人文科学研究所本館 (総合研究4号館) 共通1講義室)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr

研究会情報です。

●公式サイトはこちら
https://www.ninjal.ac.jp/event/specialists/project-meeting/m-2018/20180721-sympo/

--------------------

開催期日
平成30年7月21日 (土) 13:00~17:45
開催場所
京都大学 人文科学研究所本館 (総合研究4号館) 共通1講義室 (京都府京都市左京区吉田本町)

参加費・事前申込み
不要

プログラム

第1部 研究集会「文字情報データベースの保存と継承」

13:00~13:05
趣旨説明
守岡 知彦

13:05~13:35
報告1
「『石塚漢字字体資料』と『漢字字体規範史データベース』」
高田 智和 (国立国語研究所)

13:35~14:05
報告2
「漢字字体規範史データセットの構築・共有計画について」
守岡 知彦 (京都大学)

14:05~14:15
休憩

14:15~14:45
報告3
「文字情報データベースにおける IIIF 活用の可能性と課題」
永崎 研宣 (人文情報学研究所)

14:45~15:15
報告4
「文字列検索可能な画像データベース」
安岡 孝一 (京都大学)

15:15~15:25
休憩

15:25~16:25
基調講演
「漢字の書体と字体 ―承前―」
石塚 晴通 (北海道大学名誉教授)

16:25~16:35
休憩

16:35~17:15
総合討論

第2部

17:25~17:45
漢字字体規範史データセット保存会設立総会