天理参考館・記念講演会 森田 憲司氏(奈良大学名誉教授)「二次元・三次元で中国の文献を"読む"、"見る"」(2018(平成30)年7月21日(土) 午後1時30分から3時、当館研修室)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr

講演会情報です。

●公式サイトはこちら
http://www.sankokan.jp/news_and_information/ev_etc/sp82_kanren_kinen.html

--------------------

第82回企画展「中国の風俗人形―近代以降の土人形と黄楊人形―」関連イベント

【歴史を学ぶものが第一にすべきことは、歴史史料を「読む」ことである。しかし、モノの名前など、文法的には読めても、具体的なイメージがわかないことが意外に多く、先人たちも苦労をしている。今回は、中国の文献を「見る」ための具体的な二次元、三次元の材料とそのための先人の努力について、実例を見ながら紹介していきたい。】

日時:2018(平成30)年7月21日(土) 午後1時30分から3時
講師:森田 憲司氏(奈良大学名誉教授)
会場:当館研修室
定員:100名(当日先着順)
※入館券が必要です