三鷹市山本有三記念館 企画展「女人哀詞の時代」(2019年 3月 9日(土)~ 9月 1日(日))

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr

展示会情報です。

●公式サイトはこちら
http://mitaka-sportsandculture.or.jp/yuzo/event/20190309_0901/

--------------------

2019年 3月 9日(土)~ 9月 1日(日) 9:30~17:00
会場:三鷹市山本有三記念館

休館日
月曜日(月曜日が休日の場合は開館し、休日を除く翌日・翌々日が休館)

【山本有三の「女人哀詞」(昭和5年)は、「唐人お吉」として知られる幕末の悲劇の芸者、お吉を主人公とした長編戯曲であり、二十年来のお吉研究者である「下田なる村松春水翁」に捧げられています。初代アメリカ領事、タウンゼント・ハリスの妾として周囲から蔑まれた女性の悲劇を描いた本作は、歴史に材を取った作品を多く執筆した有三ならではの作品ですが、本作を執筆した時期、小説・戯曲界では、お吉を題材とした作品が相次いで発表される「お吉熱」とも言うべき流行が起こっていました。

本展では、こうした流行のなかで、「女人哀詞」を通して有三が描こうとしたお吉の物語がどのようなものであったかを探ります。】