早稲田大学演劇博物館 国際シンポジウム・クィアな記憶を発掘する ─ 映像メディアとアーカイブの実践を通じて(2019年1月18日(金)17:00〜19:30(16:30 開場)、早稲田大学小野記念講堂、要申し込み)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr

研究会情報です。

●公式サイトはこちら
https://www.waseda.jp/enpaku/ex/7416/

--------------------

【映像の世紀と呼ばれた20世紀において、マイノリティの存在は主流文化の影に埋もれてきました。近年、そのような不可視の歴史に光を当て、公開する試みが海外の博物館で行われています。本シンポジウムでは、サンフランシスコのGLBT歴史博物館と京都大学から専門家をお招きし、クィアな記憶をアーカイブ化された映像メディアからどのように発掘し、展示していくかについて検討していきます。】

日時:2019年1月18日(金)17:00〜19:30(16:30 開場)
会場:早稲田大学小野記念講堂
登壇者:ストゥ・マダックス(映画監督、GLBT歴史協会評議員)、ミツヨ・ワダ・マルシアーノ(京都大学大学院文学研究科教授 映像・メディア学)、久保豊(早稲田大学演劇博物館助教 映像)
定員:200人 ※要事前予約・先着順 日英同時通訳付
参加費:無料
お申し込み:11月21日(水)10:00よりウェブサイトにて受付開始
応募締切:2018年12月26日(水)17:00

プログラム
17:00 Opening

17:05 Screening
『Reel in the Closet Educational Version』(ストゥ・マダックス監督、2015年、25分)

LGBTQの人々が撮影したホームムービーは故意に廃棄されることがしばしばあります。本作は、古くは1930年代から現存する何百ものホームムービーの中から最高の瞬間をつなぎあわせ、LGBTQの人々が暮らした過去の日常を明らかにします。
公式HP:https://www.theclowdergroup.com/reelinthecloset

17:35 Presentations

ストゥ・マダックス Stu Maddux
映画監督、GLBT歴史協会評議員
「私たちの物語をつなぎとめる─過去の私的映像を用いて現在の私的物語を守る」
Saving Our Stories: Using Personal Moving Images from the Past to Save Our Personal Stories Now

ミツヨ・ワダ・マルシアーノ Mitsuyo Wada-Marciano
京都大学大学院文学研究科教授(映像・メディア学)
「Boys' Love の行方─アーカイブから消えた? ジェンダー図書」
Where Has All the "Boys' Love" Gone?: Why Books on BL Are Vanishing from the Library Shelves?

久保豊 Yutaka Kubo
早稲田大学演劇博物館助教(映像)
「クィアな過去を求めて─演劇博物館をクルージングする」
In Search of the Queer Past: Cruising the Tsubouchi Memorial Theatre Museum

18:45 Round Table/Q&A

19:25 Closing

※プログラムの一部を変更することがあります。ご了承ください。