筑波大学日本語日本文学会奨励賞第十八回(平成三十年度)に、川島拓馬氏、文 昶允氏

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr

第十八回(平成三十年度)
川島拓馬氏
「文末形式「模様だ」の成立と展開」
『日本語の研究』一三巻三号、日本語学会、二〇一七年七月
文 昶允氏
「短縮語の形成方略に観察される世代差について―前部要素の2モーラ目に長音を含む短縮外来語とその選好傾向―」
『日本語の研究』一三巻三号、日本語学会、二〇一七年七月

○筑波大学日本語日本文学会奨励賞の記録
http://www.lingua.tsukuba.ac.jp/sjll/prize.html