和歌文学会11月例会(2018年11月17日(土)13時30分より、二松學舎大学 九段キャンパス 4号館 4061教室)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr

研究会情報です。

●公式サイトはこちら
http://wakabun.blog10.fc2.com/blog-entry-274.html

--------------------

■日時:2018年11月17日(土)13時30分より

■会場:二松學舎大学 九段キャンパス 4号館 4061教室
      東京メトロ東西線・半蔵門線・都営新宿線九段下駅徒歩15分。
      2番出口を出て坂道を直進し、信号を2度渡った後、3つめの建物。宝来屋本店(和菓子)の一つ先。
      大学本部のある1号館、靖国神社前の交差点にある3号館とは異なりますので、御注意下さい。
      詳しくは以下をご参照下さい。
        https://www.nishogakusha-u.ac.jp/about/campus/a7.html 

■研究発表
1 古今集和歌年代区分論についての再考
       武蔵大学大学院        小橋龍人氏

2 『高光集』はどう読めるか ―冷泉家時雨亭文庫蔵唐草装飾本を底本にして― 
       早稲田大学大学院       牛山睦子氏

3 御裳濯河歌合』『宮河歌合』無刊記板本考
       二松學舍大学         五月女肇志氏

*研究発表終了後、委員会が開催されます。

  〒194-8610 町田市玉川学園6-1-1
  玉川大学 大学教育棟2014 中田幸司研究室内
  和歌文学会事務局  http://wakabun.jp