法政大学国際日本学研究所  江戸東京研究センター 第3研究プロジェクト「テクノロジーとアート」主催シンポジウム 「アートと東京」(2018年11月24日)/「文学と東京」(2018年11月25日)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr

研究会情報です。

●公式サイトはこちら
http://hijas.hosei.ac.jp/news/20181124-25info.html

--------------------

◆2018年11月24日(土)10時00分~18時00分
会場:法政大学 市ヶ谷キャンパス 田町校舎5階 マルチメディアホール

テーマ:「アートと東京」
東京がアートを受け入れ、アートを生むその仕方をあらためてたどり、その特徴をあぶりだし、そのうえで、現代における、アートにとっての東京の存在理由は何なのかを解き明かします。

提題者(予定):
中村政人(東京芸術大学),荒川裕子(法政大学),クレリア・ゼルニック(パリ国立美術学校),北澤ひろみ(東京現代美術館)、小高日香里(東京現代美術館),椿玲子(森美術館),大澤啓(東京大学総合研究博物館),岩井桃子(国士舘大学),古屋俊彦(明治大学)
※所属先は2018年10月25日現在

-------------------------------------------
◆2018年11月25日(日)13時00分~17時30分
会場:法政大学 市ヶ谷キャンパス 田町校舎5階 マルチメディアホール

テーマ:「文学と東京」
内容:東京が文学をどう生んできたのか、また、文学が東京という場所をどう扱い語ってきたのか、その特徴をあぶりだし、そのうえで、現代における、文学にとっての東京の存在理由を解き明かします。

提題者(予定):
中丸宣明(法政大学),中沢けい(法政大学),田中和生(法政大学),山田夏樹(昭和女子大学)
※所属先は2018年10月25日現在

■交通 飯田橋駅,市ヶ谷駅より徒歩10分
【キャンパス・交通案内】 http://www.hosei.ac.jp/access/ichigaya.html

■主 催  法政大学江戸東京研究センター

■入場料  無料

■事前申込 不要

■言 語  日・仏(仏語は日本語に翻訳、通訳されます)

■お問合せ先
法政大学江戸東京研究センター事務室
E-mail: edotokyo-jimu◎ml.hosei.ac.jp
※ ◎を@に代えて送信してください
TEL : 03-3264-9682(法政大学国際日本学研究所内)