第29回書学書道史学会大会(2018年10月27日(土)・28日(日)、岐阜女子大学文化情報研究センター(杉山ビル))

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr

研究会情報です。

●公式サイトはこちら
http://shogaku-shodoushi.org/?p=1356

--------------------

※詳細は上記サイトへ。

場所:岐阜女子大学文化情報研究センター

〈日程〉

【10月27日(土) 第1日目】
11:00〜12:50 理事会(6階和室)
13:00〜 受付開始(6階大会議室前)
13:30〜14:30 開会式・総会(6階大会議室)
14:40〜15:40 研究発表(6階大会議室)
14:40〜15:10 ①「中国における極小の書に関する一考察 ─清人二十六家による蠅頭書冊〈耆儒澄鑑〉を例として─」中村伸夫(筑波大学)[司会:大野修作]
15:10〜15:40 ②「唐時代における王羲之崇拝と逸格派の書について」鍋島稲子(台東区立書道博物館)[司会:富田淳]
16:20〜17:50 研究推進のためのクロストーク(6階大会議室) ※聴講無料
「若手の研究推進をテーマに」
司会:澤田雅弘(大東文化大学)/パネラー:蘇浩(関西大学大学院生) 林司洋(筑波大学大学院生) 関俊史(早稲田大学大学院生) 剣持翔伍(筑波大学大学院生)
18:00〜19:30 懇親会(岐阜キャッスルイン TEL:058-262-3339)

【10月28日(日) 第2日目】
09:00〜 受付開始(6階大会議室前)
09:30〜12:10 研究発表(6階大会議室)
09:30〜10:00 ③「『栄花物語』にみる書道観と時代性」南條佳代(佛教大学)[司会:笠嶋忠幸]
10:00〜10:30 ④「出雲路敬通の書に関する基礎研究」谷口成孝(大東文化大学大学院生)[司会:髙城弘一]
10:30〜11:00 ⑤「近代朝鮮における書の専業化過程とその特徴 ─官僚出身書人の動向を中心に─」金貴粉(国立ハンセン病資料館)[司会:柿木原くみ]
11:00〜11:10 休憩
11:10〜11:40 ⑥「開母廟石闕銘の避諱に関する一考察」早川桂央(保善高等学校) [司会:河内利治]
11:40〜12:10 ⑦「法帖画像アーカイブを研究資源として活用するために」成田健太郎(埼玉大学)・中村覚(東京大学) [司会:菅野智明]
12:10〜13:20 記念撮影・昼食
13:20〜14:50 講演会(6階大会議室) ※聴講無料
「中国における書芸術の誕生」冨谷至氏(京都大学名誉教授)
15:00〜15:10 閉会式(6階大会議室)