第357回日本近代語研究会(2018年度秋季発表大会)(2018年 10月 12日 (金) 13時~18時、岐阜大学サテライトキャンパス 多目的講義室(大))

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr

研究会情報です。

●情報入手はこちら・日本語学会
https://www.jpling.gr.jp/gakkai/gakkaibbs.php

--------------------

日時 2018年 10月 12日 (金)  13時~18時
場所 岐阜大学サテライトキャンパス 多目的講義室(大)
 〒500-8844 岐阜市吉野町6丁目31番地
 岐阜スカイウイング37 東棟4階 TEL: 058-212-0390
 https://www1.gifu-u.ac.jp/~gifu_sc/src/index.html

発 表:
  ○受付開始 12:30
  ○開  会 13:00
  ○会場校挨拶13:00  岐阜大学 佐藤貴裕教授

(1)13:05~13:55
   法律用語「善意」について ―一般的用法との関わりから―
    国立国語研究所プロジェクト非常勤研究員 南雲 千香子氏

(2)13:55~14:45
   近代における和語の用字法の変化 ―タオレルを中心に―
      明治大学大学院生・日本学術振興会DC 髙橋 雄太氏

    <以上、司会 花園大学 橋本 行洋>
<休憩 14:45~15:00> 

(3)15:00~15:50
   ドミニコ会文献における翻訳方針について
       国立国語研究所プロジェクト非常勤研究員 岩澤 克氏

(4)15:50~16:40
   感謝・謝罪を表す「どうも」の成立  弘前大学  川瀬 卓氏

<休憩 16:40~16:55>

<講演> 
(5)16:55~17:55 
   "うむの下濁る"の終焉      九州大学教授 高山倫明氏

   <以上、司会 国立国語研究所 新野 直哉>
○閉会の辞、及び諸連絡