日本近代文学会・2018年度11月例会 〔特集〕戦争テクノロジーと文学(2018年11月24日(土)午後2時より、明治学院大学白金キャンパス2号館2302教室)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr

研究会情報です。

●公式サイトはこちら
http://amjls.web.fc2.com/gakkai.html

--------------------

日程: 2018年11月24日(土)午後2時より 
場所: 明治学院大学白金キャンパス2号館2302教室--[地図]
■品川駅から、高輪口より都営バス「目黒駅前」行きに乗り、「明治学院前」下車(乗車約6分)
■目黒駅から、東口より都営バス「大井競馬場前」行きに乗り、「明治学院前」下車(乗車約6分)
■白金台駅から、2番出口(白金高輪側/エレベーター有)より徒歩約7分
■白金高輪駅から、1番出口(目黒側/エレベーター有)より徒歩約7分
■高輪台駅から、A2番出口より徒歩約7分
発表要旨は[こちら

〔特集〕戦争テクノロジーと文学 
中尾 麻伊香 海野十三作品における変容する戦争テクノロジーと人間存在
宮澤 隆義   空想と科学──中野重治「空想家とシナリオ」とその射程
澤田 由紀子 戦争テクノロジーと日本SF文学の誕生の関係
(ディスカッサント)副田 賢二