国立歴史民俗博物館「日本の中世文書―機能と形と国際比較―」(2018年10月16日(火)~ 12月9日(日)、国立歴史民俗博物館 企画展示室A・B)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr

展示会情報です。

●公式サイトはこちら
https://www.rekihaku.ac.jp/exhibitions/project/index.html

--------------------

【最大規模の総合的な中世文書展です。日本の中世文書の全体像を学べます。
(総数約260点。「初の総合的中世文書展」となった5年前の「中世の古文書」展の約220点を上回ります。)
古代律令国家の文書から現代の文書までを視野に入れた、日本の「文書史」になっています。
東アジアの文書との比較の視点を盛り込み、国際的な視点から日本の文書の特徴が理解できます。
著名な「源義経自筆書状」をはじめ、多くの有名人の文書も出品されます。
専門的な知識がなくても楽しめます。
出品する全ての文書には、解説のほか、活字の読みや大意(内容)も付いています。
キャラクターを使った解説や、タッチパネルのコンテンツ、体験コーナーなどもあります。】

開催期間 2018年10月16日(火)~ 12月9日(日)
会場 国立歴史民俗博物館 企画展示室A・B