名古屋大学文学研究科附属 人類文化遺産テクスト学研究センター 公開シンポジウム「中世禅への新視角 PartⅡ『中世禅籍叢刊』が開く世界」(2018年10月8日(月・祝日)9:50~17:10、名古屋大学 東山キャンパス 文系総合館7Fカンファレンスホール)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr

研究会情報です。

●公式サイトはこちら
https://cms.lit.nagoya-u.ac.jp/cht/activity-schedule/lecture-forum/

--------------------

日時:2018年10月8日(月・祝日)9:50~17:10

場所:名古屋大学 東山キャンパス 文系総合館7Fカンファレンスホール

   (入場無料 申込不要)

プログラム

9:50~10:00 開会挨拶・趣旨説明                 
末木文美士

10:00~12:10 パネル:中世禅の形成と展開

三界唯心から看話へー宋代禅林における法眼宗の形象  
土屋 太佑

上厠法・登溷式について ー『胎口決』「上厠作法」と諸清規にみられる陀羅尼の受容ー              
尾崎 正善

『初学坐禅法』に関する一考察            
道津 綾乃

「以心伝心」と密教灌頂-宝蓮筆『瑜伽伝心鈔』にみられるレトリックを中心に 
ラポーガエタン

脱鎌倉弾?-純粋禅と大燈派についての一考察     
ディディエ ダヴァン

13:00~17:00 総合討議 
司会 末木文美士

石井修道 伊藤聡 加藤みち子 亀山隆彦 菊池大樹 高柳さつき 常磐井慈裕
原田正俊 古瀬珠水 三好俊徳 柳幹康 米田真理子 和田有希子

17:00~17:10 総合コメント                     
阿部 泰郎