物語研究会6月例会■ 年間テーマ「翻訳」(2018年6月16日(土)13:30~、お茶の水女子大学 文教育学部1号館 302室)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr

研究会情報です。

●公式サイトはこちら
http://monogatarikenkyu.sakura.ne.jp/

--------------------

日 時
2018年6月16日(土)13:30~

場 所
■ 会場:お茶の水女子大学 文教育学部1号館 302室
■ 交通:東京メトロ丸ノ内線・茗荷谷駅下車、または東京メトロ有楽町線・護国寺駅下車
※交通・キャンパスマップ 
http://www.ocha.ac.jp/help/accessmap.html
※通常土日は南門が閉門しています。建物の場所がわかりにくくて恐縮です。キャンパスマップの平面図をプリントアウトしてお持ちいただけるとよいと存じます。4の建物です。正門を入って直進し、正面の大きな建物(大学本館)にぶつかったら左折し、道なりに右折して附属幼稚園(左側)と大学本館(右側)の間の道を直進して、ぶつかった階段をのぼっていただきますと、左手にあるのが文教育学部1号館です。入り口は、建物の壁沿いに南門(道路)側に回っていただきますと、自動ドアがあり、そこから入れます。正門を入る際、守衛に呼び止められた場合には「物語研究会に行く」とおっしゃってください。おわずらわせしまして恐縮ですが、ご協力お願いいたします。もし、何かの催事で南門が開いていたら、入って目の前、左手の建物です。護国寺駅からいらっしゃる方は、もし開いていたら南門をご利用ください。

発表

■〈合評会〉
本橋裕美『斎宮の文学史』翰林書房(2016年10月)
評者:高橋汐子(第一部)・深澤徹(第二部)

■ 「テーマ発表」
ロシア語訳『源氏物語』―言説分析の視点からみえてくるもの
アンダソヴァ マラル