日本語文法学会公開フォーラム「国語教育と文法」【田中洋一、矢澤真人、小田勝、森山卓郎の各氏】(2018年8月10日金曜 13:30~17:30、早稲田大学文学学術院(戸山キャンパス)34-453教室)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr

研究会情報です。

●公式サイトはこちら
http://www.nihongo-bunpo.org/info/sjg_forum2018/

--------------------

● 時間:2018年8月10日金曜 13:30~17:30
● 場所:早稲田大学文学学術院(戸山キャンパス)34-453教室

【新しい学習指導要領では、「知識及び技能」「思考力・判断力・表現力等」といった枠組みから、国語教育の在り方が再編されています。その中で、母語である日本語の文法の学習をいかに進めるかということにも、新たな光が当たっているように思われます。
 そうした状況をふまえて、日本語文法学会では、初めての試みとして、文法教育の在り方を共に考えるフォーラムを企画いたしました。一般の方、小学校・中学校・高校の先生方、学生の皆様など、どなたでも無料でご来場いただけます。これからの国語科の文法教育について語り合いましょう。】

■プログラム
・ 田中洋一(東京女子体育大) 小中学校における文法教育の現状と課題
・ 矢澤真人(筑波大) 名詞から考える文法教育
・ 小田勝(國學院大) 古典教育と古典文法
・ 森山卓郎(早稲田大) 文法教育と「深い学び」
・ 全体セッション
司会:安部朋世(千葉大学)

(共催)早稲田大学総合人文科学研究センター
参加手続◆無料・申し込み不要。ただし教室定員は270名。
連絡先◆162-8644新宿区戸山1-24-1 早稲田大学文学学術院 森山卓郎研究室