米沢嘉博記念図書館「米沢嘉博の『戦後怪奇マンガ史』展 ~怪奇・恐怖マンガの系譜1948-1990~」(2018年6月1日[金]~9月30日[日])

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr

展覧会情報です。

●公式サイトはこちら
http://www.meiji.ac.jp/manga/yonezawa_lib/exh-kaikimanga.html

--------------------

■会場:米沢嘉博記念図書館1階展示室
■期間:2018年6月1日[金]~9月30日[日]
※火・水・木曜日は休館(祝日の場合は開館)
※特別整理などで休館する場合があります。
 当館HPで確認、または開館日時に電話にてお問い合わせください。

【展示概要
本展示は米沢嘉博氏によって書かれた『戦後怪奇マンガ史』(鉄人社)に準拠する形で、戦後の怪奇マンガを紹介する展示です。

本書は漫画評論家の故・米沢嘉博が生前に連載していた「戦後怪奇マンガ史」「恐怖マンガの系譜」を同題『戦後怪奇マンガ史』として一冊にまとめたものである。

初出は三○年前──インターネットが一般化される以前の時代── 一九八六年秋から九○年冬にかけて、当初のホラームービーブームにより五誌に及ぶホラー漫画専門誌が創刊されたのだが、その中の一誌である『ホラーハウス』(大陸書房)に全四六回連載されたものに、描きおろしの解題および資料を加えたもの。戦後怪奇漫画のはじまりに近いとされる手塚治虫「ロストワールド」から、つのだじろう「新・うしろの百太郎」まで、「怪奇漫画」約四○年間の流れをたどって概観した一大通史である。

『戦後怪奇マンガ史』「編者より」冒頭部分抜粋 】