永青文庫美術館 夏季展「大名美術入門―殿と姫の美のくらし―」(2018年7月21日(土)~10月3日(水))

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr

展示会情報です。

●公式サイトはこちら
http://www.eiseibunko.com/exhibition.html#natsu

--------------------

会期:2018年7月21日(土)~10月3日(水)
※会期中、一部展示替えがあります

【「大名家の美術」と聞いて皆さんは何を想像されるでしょうか?お殿さまの勇壮な甲冑?それともお姫さまのきらびやかな調度品でしょうか?肥後熊本藩主をつとめた近世大名の細川家では、甲冑や陣羽織など武勇をあらわすアイテムや、御用絵師による絵画、また嫁入り道具をはじめとした華麗な調度品などが用意・制作されてきました。多くは散逸することなく数百年にわたり伝えられ、現在永青文庫の所蔵品としてコレクションの核をなしています。本展では、"大名家の美術入門"として、これらの品々から大名家の暮らしや文化を親しみやすくご紹介します。】