「日本の消滅危機言語・方言の記録とドキュメンテーションの作成」研究発表会・平成29年度 第2回研究発表会 「指示詞・代名詞」 (本土諸方言)(平成30年3月11日 (日) 9:30~16:00、国立国語研究所 2F 講堂)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr

研究会情報です。

●公式サイトはこちら
http://www.ninjal.ac.jp/event/specialists/project-meeting/m-2017/20180311-17/

--------------------

開催期日
平成30年3月11日 (日) 9:30~16:00
開催場所
国立国語研究所 2F 講堂 (東京都立川市緑町10-2)
事前申込み不要,どなたでも参加可能です。

【趣旨

本プロジェクトでは,日本の消滅危機言語・方言の文法記述のために毎年テーマを設けて研究発表会を開催している。今年度のテーマは「指示詞・代名詞」である。日本語・琉球語諸方言の指示詞・代名詞が多様であることは以前からよく知られている。今年度第2回研究発表会では本土諸方言における指示詞・代名詞体系の記述の精緻化についての発表・議論を進める。本土諸方言の指示詞・代名詞が,共通語と比してどの程度の類似・相違があるかを見つめ直すとともに,これまでの指示詞・代名詞研究の手法の見直しや類型論的位置づけについても議論する。】

プログラム

9:30~10:10 (質疑応答を含む)
研究発表
「出雲方言の指示詞・代名詞」 (仮題)
野間 純平 (島根大学)

10:10~10:50
研究発表
「八丈方言の指示詞・代名詞」 (仮題)
三樹 陽介 (日本学術振興会 特別研究員/国立国語研究所)

10:50~11:00
休憩

11:00~11:40
研究発表
「福島方言の記述の概況と指示詞・代名詞調査報告」
白岩 広行 (立正大学)

11:40~12:20
研究発表
「千葉県南房総市三芳方言の指示詞・代名詞」
佐々木 冠 (立命館大学)

12:20~13:10
昼食

13:10~13:50
研究発表
「青森方言の指示詞・代名詞」 (仮題)
中川 奈津子 (日本学術振興会 特別研究員/千葉大学)

14:50~14:30
研究発表
「山形方言の指示詞・代名詞」 (仮題)
金田 章宏 (千葉大学)

14:30~14:40
休憩

14:40~15:10
基調報告
「指示詞・代名詞総括」 (仮題)
下地 理則 (九州大学)

15:10~16:00
ディスカッション