山形大学人文社会科学部講演会・ジュリアン・シュー氏(パリ西大学文学部准教授)「ベル・エポックの国際文化―西欧のマスメディア、前衛芸術、大衆文化について」(2018年1月19日(金)16 時 20分(5時限目)~、人文社会科学部1号館3階301教室、無料一般公開)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr

講演会情報です。

●公式サイトはこちら
http://www-hs.yamagata-u.ac.jp/news/news/3282/

--------------------

【人文社会科学部では、フランスのパリ西大学文学部からジュリアン・シュー氏をお招きし、2018年1月19日(金)に、「ベル・エポック」をテーマとする講演会を開催いたします。
ベル・エポックとは、20世紀初頭の「美しき時代」を意味するフランス語です。この名称は、この時期にヨーロッパの文化が一斉に花開いたことに由来します。今回はとくにグラフィック・アートとメディアの関係を中心にお話いただく予定です。講演は英語で行われ、通訳が付きます。一般公開、入場無料となりますので、お誘いあわせのうえご参加ください。】

講師:パリ西大学文学部 准教授 ジュリアン・シュー氏
日時:2018年1月19日(金)16 時 20分(5時限目)~
場所:人文社会科学部1号館3階301教室
演題:"The international culture of the Belle Époque : Media, avant-garde and mass culture in Europe"(「ベル・エポックの国際文化――西欧のマスメディア、前衛芸術、大衆文化について」)
使用言語:英語(通訳付き)
主催:山形大学人文社会科学部
助成:「海外からの講演者招聘助成事業」(米沢)、「国際学術講演会」(人文社会科学部)、「国際交流資金」(同上)
お問合せ先:y.goda[アットマーク]human.kj.yamagata-u.ac.jp (合田陽祐研究室)
(一般公開・入場無料)