「言語における系統・変異・多様性とその数理」シンポジウム(2018年 02月 02日 (金)  10:30~17:00、TKP東京駅大手町カンファレンスセンター ホール22E)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr

シンポジウム情報です。

●情報入手はこちら・日本語学会
https://www.jpling.gr.jp/gakkai/gakkaibbs.php

--------------------

日時 2018年 02月 02日 (金)  10:30~17:00
場所 TKP東京駅大手町カンファレンスセンター ホール22E(東京都千代田区大手町1-6-1 KDDI大手町ビル22階, 大手町駅直結)

従来からの言語研究以外に、近年、統計モデルや機械学習に基礎を置いた自然言語処理の研究が活発に進められています。 しかし、これら二つの研究領域の知的交流は非常に限定されているのが現状です。 本プロジェクトは、これら二つの領域の知見を積極的に融合させることによって、言語を対象とした新しい科学研究の領域を開拓する可能性を検討・評価するために、統計数理研究所・国立国語研究所・国立民族学博物館が共同で開催するものです。本シンポジウムでは, 今後特に重要, かつ統計的手法が有効と考えられる 言語の多様性や変化に関わる問題に焦点を当てて議論します。

☆発表者:
・村脇有吾 (京都大学 情報学研究科)
・菊澤律子 (国立民族学博物館 人類基礎理論研究部)
・横山詔一 (国立国語研究所 言語変化研究領域)
・前川喜久雄 (国立国語研究所 音声言語研究領域)
・浅原正幸 (国立国語研究所 コーパス開発センター)
コメンテーター
・田窪行則 (国立国語研究所 所長)
・持橋大地 (統計数理研究所 数理・推論研究系)
☆プログラムは以下をご覧ください
http://www.ism.ac.jp/~daichi/workshop/2018-statling/