国立国語研究所「通時コーパスの構築と日本語史研究の新展開」[中古・中世グループ]研究発表会(平成31年3月8日 (金) 13:30~17:00、国立国語研究所 2F 多目的室)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr

研究会情報です。

●公式サイトはこちら
https://www.ninjal.ac.jp/event/specialists/project-meeting/m-2018/20190308/

--------------------

開催期日
平成31年3月8日 (金) 13:30~17:00
開催場所
国立国語研究所 2F 多目的室 (東京都立川市緑町10-2)

プログラム

13:30~17:00
研究発表
「コーパスから見る大蔵虎明本狂言集の表記」
片山 久留美 (国立国語研究所 プロジェクト非常勤研究員)
「動詞の活用体系の変遷の観察」
小林 正行 (群馬大学 准教授)
「キリシタン資料における会話文の引用形式から」
川口 敦子 (三重大学 准教授)