日本歴史2019年1月号・新年特集「ICT時代の歴史学」(吉川弘文館)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr

恋塚 嘉氏(八木書店)より頂きました。

4910069170193.jpg

吉川弘文館 (2018/12/25)
A5判・並製・160頁+広告32頁

版元公式サイト
http://www.yoshikawa-k.co.jp/news/n3306.html

【目次】
新年特集「ICT時代の歴史学」

新年特集にあたって...『日本歴史』編集委員会  

日本史研究と人文情報学―10年の変化とこれからの展望―...後藤 真

【データベース事業の進展】
奈良文化財研究所のICTへの取り組み...馬場 基
歴史地理系データベースの構築と紹介―歴史GISデータベースを中心に―...出田和久
進化する東寺百合文書WEB戦略―日本史史料のオープン化への提言―...岡本隆明
研究ツール創出を目的としたデータベース構築―立命館大学アート・リサーチセンター「板木ポータルデータベース」を中心に―...金子貴昭
国文学研究資料館蔵歴史資料のデータベースと資料の所在情報...西村慎太郎
国文学研究資料館の歴史的典籍NW事業...山本和明
人文系データベースの維持と継承―SAT大蔵経データベースを事例として―...永崎研宣
東京大学史料編纂所データベースの「使用上の注意」...遠藤基郎
憲政資料室における近年の取り組み―リサーチ・ナビと資料デジタル化事業の紹介―...河村真澄・中嶋恵子

【ICTと向き合う】
日本史研究で使えるExcelの機能...土屋健俊
そうだツイッタランド行こう―日本史研究とSNS―...木下龍馬
『みんなで翻刻』プロジェクト...橋本雄太
デジタルデータは古文書を救うか―宮城での18年間・個人的経験から―...佐藤大介
出版社の情報発信...恋塚 嘉
スマホからデジタルヒューマニティズまで―変わる研究環境―...横山伊徳
ICTを活用した大学における「歴史学」教育の試み...安達宏昭
ICT時代における日本のアーカイブズの課題と可能性...加藤聖文
韓国のデジタルアーカイブの現況...李炯植

         *******

【文書館・史料館めぐり】
常陸大宮市文書館...髙村恵美

【文化財レポート】
二〇一七年度前期の史跡等の指定(上)

【口 絵】
「遊行上人縁起絵巻」第五巻第一段部分...(解説)髙岸 輝

書評と紹介・雑誌論文目録・新刊寸描・新刊書案内・学界消息