漢字の調べ方 (レファレンス事例・ツール紹介(12)):アジア情報室通報 16巻4号(国立国会図書館)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr

【丹治 美玲(国立国会図書館関西館アジア情報課)
漢字の総数は5万字ともそれ以上とも言われます[1]が、日常的に使われているのは、その一部でしかありません。当課では、資料や書画などで知らない漢字を見かけた利用者の方から、読み、意味等についてお問合せを受けることもあります。本稿では、2つの質問を例として、パソコン上・ウェブ上で利用できるツールを中心に、漢字の調べ方をご紹介します。】
つづきは以下より。国立国会図書館。
http://rnavi.ndl.go.jp/asia/entry/bulletin16-4-2.php