UCRC 三都研究会・育成事業主催  小円座「近世大坂の都市史研究の基盤形成―史料・人・歴史像―」(2018年12月16日(日)13:00~16:00、大阪市立大学 杉本キャンパス 経済学部棟2階 第4会議室、要申し込み)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr

研究会情報です。

●公式サイトはこちら
https://www.lit.osaka-cu.ac.jp/UCRC/archives/5842

--------------------

【このたび、三都研究会(科研(基盤研究B)「三都の巨大都市化と社会構造の複合化に関する基盤的研究」、研究代表:塚田孝)において、内田九州男さんをお招きする小円座を企画いたしました。
現在の大坂の都市史研究の基盤となる、1970~80年代の研究を主導された内田さんから直接お話を聞くとともに、今後の研究の方向や課題を探りたいと考えております。
皆さまの奮ってのご参加を、心よりお待ちしております。】

【日時】2018年12月16日(日)13:00~16:00

【会場】大阪市立大学 杉本キャンパス 経済学部棟2階 第4会議室
(JR阪和線杉本町駅徒歩5分、地下鉄御堂筋線あびこ駅徒歩20分/建物の位置はこちらをご参照ください)

【報告】内田九州男氏(愛媛大学名誉教授)

※レジュメの準備がありますので、参加を希望される方は、前日までに吉元(abu_hati_torazu@yahoo.co.jp)までご連絡ください。