早稲田大学 国際日本学 国際シンポジウム「古代史料に見る歴史と文学」(2019年1月20日(日)、早稲田大学戸山キャンパス33号館6階 第1会議室)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr

研究会情報です。

●公式サイトはこちら
https://bit.ly/2G539Ne

--------------------

※プログラム詳細は上記サイトへ。

国際シンポジウム「古代史料に見る歴史と文学」
The international symposium:Perspectives on Japanese history and literature from ancient historical records

開催日:2019年1月20日(日)

スケジュール:第1部 10:00~11:30  第2部 12:30~16:50

会場:早稲田大学戸山キャンパス33号館6階 第1会議室

登壇者:
ブライアン・ロゥ(ヴァンダービルト大学助教授)藤本 誠(慶應義塾大学助教)
マシュー・フェルト(フロリダ大学助教授)桑田訓也(奈良文化財研究所主任研究員)
仁藤敦史(国立歴史民俗博物館教授)高松寿夫(早稲田大学教授)

コメンテーター:ディヴィッド・ルーリー(コロンビア大学上級准教授) 河野貴美子(早稲田大学教授)

総合司会:川尻秋生(早稲田大学教授)
開会の辞:高松寿夫(早稲田大学教授)
閉会の辞:李 成市(早稲田大学教授)

使用言語:日本語
対象:学生・教職員・一般
参加無料・予約不要

お問い合わせ先:早稲田大学文学学術院事務所 03-3203-4381